日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雑草のような命
ザッソウノヨウナイノチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年01月21日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Duel on the Silver Peak  
上映時間
91分  

森山啓の『若いいのち』を、「若い豹のむれ」の三木克巳が脚色、「世界を賭ける恋」の滝沢英輔が監督したもので、金沢市を舞台にした純愛もの。撮影は「無言の乱斗」の横山実。

スタッフ

企画
坂上静翁
原作
森山啓
脚色
三木克巳
監督
滝沢英輔
撮影
横山実
音楽
牧野由多可
美術
松山崇
照明
高島正博
録音
神谷正和
編集
辻井正則

ストーリー

城下町金沢。待子と純一は市の高校に通う仲よしグループの一員だった。純一が何一つ不自由しない家庭に育っているのと違って、待子の家では父親が怪我して失職、間借りしている伯父の家からも追い立てをくっていた。待子はやむなく退学し、紡績工場に女工として働くことになった。母親の久子が胸を悪くし、それを知った伯父は久子を家から追い出した。生きる力を失った父親は、母と幼い弟を道連れに湖に身を投じた。待子は純一の家に引きとられたが純一の父が亡くなると、純一の家で世話になっているわけにもいかなくなった。待子は遠い親戚にあたる未亡人福崎サヨの家へ引きとられた。春がやって来た。純一は東大に入学できた。二人の愛は手紙によってつながれていた。サヨの家に米井という工員が下宿するようになった。女手だけでは不用心だというので、サヨが呼んで来たのだ。しかし実際のところは、サヨと米井は関係があったのだ。その米井に、サヨが留守の時待子は暴行されてしまった。待子の足は、父や母が死んだ湖の方へ向いていた。「私はこの世のなかで一番愛している純一さんに会わないで死ぬことだけがただ一つの心残りです。純一さん、かんにんしてください」。湖の上を霧が流れて、もうそこには待子の姿はなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。