日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

越後獅子祭(1960)
エチゴジシマツリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年02月26日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

長谷川伸の原作を、渡辺邦男・本山大生が脚色し、「二人の武蔵」の渡辺邦男が監督した股旅映画。撮影も「二人の武蔵」の渡辺孝。

スタッフ

製作
橋本正次
原作
長谷川伸
脚色
渡辺邦男本山大生
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
川村鬼世志
照明
仙波正巳
録音
森沢伍一
編集
太田和夫

ストーリー

旅鴉片貝の半四郎は、仇の浅井朝之助と果し合い中の駅沢番十郎を敵仇と間違え、邪魔だてして朝之助を逃した。その番十郎に再会したのだ。半四郎は謝まった。しかも、番十郎が用心棒として随行していた娘手踊りの一座を半四郎がごろつきから救ってやったことがあり、以来、座長の小陣が半四郎に思いを寄せていたということがあり、小陣のとりなしで番十郎は水に流してくれた。小陣は例年、新発田の廻米問屋越後屋新右衛門の招きで、当地の越後獅子祭に一座をかけるしきたりがあった。今も新発田に向う途中なのだ。越後屋は傭い入れた番頭多摩吉と小陣を一緒にしてその跡を継がすつもりらしかった。その多摩吉こそ実は朝之助の仮の名であり、貸元久六と図って米の横流しをやっていたのだが、越後屋は知らない。小陣の持つ半四郎の守り袋を見た越後屋は驚いた。半四郎は、昔越後屋が角兵衛獅子に売った実の伜にちがいないのだった。半四郎は「親なんざいねえ」と振り切った。獅子祭の当日。米の横流しがバレた多摩吉は、久六とかたらって客席で喧嘩を始めた。半四郎が出た。多摩吉を朝之助と見破った番十郎も加勢、仇を討った。半四郎も久六を斬ったが、越後屋は半四郎の身代りになって倒れた。半四郎の「お父つあん」と呼ぶ声を聞いて満足げに死んだ。半四郎と小陣の祝言も間近い。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。