日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

濡れ髪喧嘩旅
ヌレガミケンカタビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年02月17日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

「千姫御殿(1960)」の八尋不二の脚本を、「薄桜記」の森一生が監督した、現代調の股旅もの。撮影も同じく「薄桜記」の本多省三。主な出演者は「薄桜記」の市川雷蔵、真城千都世、「初夜なき結婚」の川崎敬三、「魔笛若衆」の浦路洋子。

スタッフ

製作
三浦信夫
企画
八尋大和
脚本
八尋不二
監督
森一生
撮影
本多省三
音楽
小川寛興
美術
太田誠一
照明
古谷賢次
録音
林土太郎
編集
谷口孝司

ストーリー

遠山金八郎は美濃太田の金山代官黒崎主膳の不正摘発の命をうけて旅に出た。色男ぶった彼はたちまち美人局にひっかかり、おさらば伝次という男に助けられた。伝次は手数料をとって無頼漢撃退をうけおう変った男だった。伝次の手引で土地の鉄火場に行った金八郎はお艶という女の色仕かけのインチキとばくにひっかかって身ぐるみはがれ、伝次の荷物持ちとなって旅を続けた。伝次を親分の仇と狙う赤鬼一家四天王を痛めつけたり、土地の親分藤兵衛の喧嘩の助っ人を五両もらってやってのけたりしながら旅は続いた。次の宿場はお祭だった。お艶を見つけた金八郎は彼女を追って春駒一座の楽屋にとびこみ、それがきっかけで金八郎と伝次は一座の連中と仲よくなった。伝次は早速お鈴という美少女とねんごろになってしまった。お鈴に難題をふっかけるうわばみの仁右衛門のもとにのりこんで、金八郎は伝次に教わった通りのタンカを切って金をせしめた。だがまたお艶と会ったことから化けの皮をはがれてしまった。代官黒崎のまわし者おせんに誘惑されたり、刺客の襲撃をうけたりしながら、なお旅は続く。東海道から美濃路に入り、金八郎は代官黒崎のもとにのりこんだ。一方、伝次は金をもって、芸者に身をおとしている妹お妙のもとに向っていた。伝次がお妙の前に三百両の身代金を投げ出すと、意外にもお妙は、実は自分はおそよという女で、妹をかたって彼をだましていたのだと告白した。代官一味は金八郎におそよをあてがって彼をまるめこもうとした。そんな金八郎を伝次は殴りつけた。最後の手段で代官一味はおせんを使って金八郎を火をつけた武器庫にとじこめた。だが、真の愛情にめざめたおせんと、かけつけた伝次や春駒一座の人々の手で、金八郎は助けられ、悪金山代官黒崎は一同の手でとらえられた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。