日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京の女性(1960)
トウキョウノジョセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年03月23日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

丹羽文雄の原作を「特ダネ三十時間 白昼の脅迫 女の牙」の舟橋和郎が脚色、「旅情」の田中重雄が監督したメロドラマ。「セクシー・サイン 好き好き好き」の小原譲治が撮影した。

スタッフ

製作
武田一義
企画
原田光夫
原作
丹羽文雄
脚色
舟橋和郎
監督
田中重雄
撮影
小原譲治
音楽
古関裕而
美術
後藤岱二郎
照明
泉正蔵
録音
長谷川光雄

ストーリー

君塚節子は自動車会社光和モータースに勤めるタイピストである。妹の水代も、同じ職場に就職が内定していた。ある日、節子は高級車とトラックの追突事故現場で、同じ社のセールスマン木幡を見た。節子は以前から彼に好意を持っていた。帰途、木幡のベンツに同乗した節子は、彼の話をきき戦闘的なセールスという職業に心ひかれた。水代の就職が決まった日、節子は一森部長から、へんに好意的な態度を示された。木幡の出張中、節子は友人の口添えで車の注文を受けた。取引を喜んだ一森は節子を料亭に誘いその労をねぎらった。もちろん、節子への野心でしかなかった。帰って来た木幡は、節子の話に憤慨した。彼女が貰ったお礼は、会社から出るコミッションの十分の一にも満たなかったのだ。セールスマンたちは、節子をけしかけて一森に明細書を見せることを要求した。--節子がセールスを志してから一カ月が過ぎた。女に何ができるという周囲の冷笑の中で、彼女は歯をくいしばって頑張った。なにかと相談にのってくれる木幡の親切が身にしみた。一森は節子に拒絶された腹いせを水代に向け、誘惑の手をさしのべる。水代は節子の心配を無視した。木幡は熱海へ新車を届ける途中、偶然、一森にドライブに誘われた水代の危難を救った。そして木幡は、自信を高めている節子には見られない、若々しいあどけなさを残している水代に惹かれるものを感じた。愛する人の言うままに仕事に専念、その道のベテランとなった代りに、節子は自らの恋も妹にゆずらねばならなかったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。