日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い素肌
ワカイスハダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1960年03月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Mystery of the Himalayas  
上映時間
78分  

「ある日わたしは」の共同執筆者・岡田達門のオリジナル・シナリオを、「檻の中の野郎たち」の川崎徹広が監督したもので、地方の男女高校生を主人公にした青春もの。「山のかなたに」の小泉福造が撮影した。

スタッフ

製作
宇佐美仁金子正且
脚本
岡田達門
監督
川崎徹広
撮影
小泉福造
音楽
馬渡誠一
美術
清水喜代志
照明
小島正七
録音
保坂有明

ストーリー

海に囲まれたある田舎町。医院の一人息子光夫ら高校三年組は、大学中退の本屋の息子創介をリーダーに、“怒れる若者たちクラブ”を組織した。光夫には美容院を営む母と二人暮しの令子という幼馴染があった。いままで手を握ったこともなかったが、クラブ員に励まされ直接行動をとることになった。が、情熱あまって二人は川に落ちこんだ。この濡れ鼠の姿を見て、二人の両親は驚き町の環境浄化をめざして社会教育委員会を作った。そんな時、西原恭子がこの町を訪れた。彼女は光夫の母正子の友人で、結婚に破れたため帰ってきたのだ。令子の母かつ子も一人暮しの淋しさから、行商人の作造と心を寄せ合っていた。それだけに一層令子と光夫の間が心配だったのかもしれない。つまらぬことで令子と喧嘩した光夫は、わが家の看護婦安子に青春のはけ口を求めたが、現場を正子に見つけられてしまった。同じ頃、令子も母親と作造の抱き合う姿を見てしまい、夜の街をさまよい歩いていた。光夫は、恭子をものにしようとしてはねつけられしょんぼりしている創介と出会わした。光夫は恭子が母の友人であることも知らず彼女の部屋に入りこんだ。恭子は光夫をさとした。背伸びしては駄目と。翌日、恭子は都会でもう一度闘い抜く自信を抱いて東京へ帰った。創介も町を去った。海を望む丘に並んで坐った光夫と令子。恋する母の女心を理解した令子は、光夫との未来への希望で胸が一杯だった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。