日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

秘密(1960)
ヒミツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月05日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
50分  

週刊わかもの連載の早乙女勝元の原作を、家城巳代治・内藤保彦が脚色、「素晴らしき娘たち」の家城巳代治が監督したもので、江東方面の下町を舞台に青年たちの一断面を描こうというもの。撮影は「天下の快男児 万年太郎」の飯村雅彦。

スタッフ

企画
本田延三郎吉野誠一
原作
早乙女勝元
脚色
家城巳代治内藤保彦
監督
家城巳代治
撮影
飯村雅彦
音楽
池野成
美術
中村修一郎
照明
城田昌貞
録音
加藤一郎
編集
長沢嘉樹

ストーリー

とある裏通り、銀行帰りの女が足早やに通りすぎる。次の瞬間、女は後ろから突き倒され、小さな包はその男の手に握られていた。あっという間の白昼の出来事だった。--男はメッキ工場に働らく恵一。三日前、彼は会社の集金に駈けずり廻っていた。その時、幼い頃の恋人あさえの良人である三村に出会った。あさえが病気だと泣きつかれ、恵一は集金した六千円を貸した。しかし、奔走もむなしく金は出来なかった。思い余って銀行帰りの女を襲ったのだ。が、公金を流用したことが知れ彼はクビになった。ある日、恵一は親友浩介のアパートで保姆を見た。犯行の日、コンクリート塀を越えた時立っていた女だった。彼女はみや子といった。恵一は哀願した。みや子は自首を勧めた。そしてその日まで、事件は二人の秘密にすることを約束した。みや子は恵一の素直な一面に惹かれたのだ。しかし、貧しい家庭や幼ない弟たちのことを思うと自首もできない。恵一は荷役の日雇いとして県命に働いた。みや子は、貯金五千円をおろして元通りの二十八万円とし被害者に直接手渡すことを提案した。恵一はダイヤルを廻した。だが、被害者を電話でからかう犯人として三面記事を賑わしただけだった。ある日、恵一は酔っぱらっている三村をなだめているあさえに会った。三村はウソをついたのだ。新聞は容疑者として十八歳の少年が逮捕されたことを告げた。恵一はみや子に自首する決意を告げた。自首の前に被害者に会い金を手渡した。女は「強盗!」と思わず口走った。人々が殺到、恵一に手錠がはめられた。街路樹の陰で立ちつくすみや子の胸には、いいようのない怒りと悲しみがたぎった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。