日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白い崖
シロイガケ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月05日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
122分  

「からっ風野郎」の菊島隆三の脚本を、「キクとイサム」の今井正が監督した、一青年の野望の悲劇を主題にしたドラマ。撮影も「キクとイサム」の中尾駿一郎。

スタッフ

製作
大川博
企画
本田延三郎若槻繁
脚本
菊島隆三
監督
今井正
撮影
中尾駿一郎
音楽
芥川也寸志
美術
進藤誠吾
照明
元持秀雄
録音
岩田広一

ストーリー

真夏の湖をわがもの顔に滑っていく若い二人--大橋証券社長令嬢の美千代と、社長秘書の尾形である。美千代は尾形を愛していた。彼女は母亡き後の家庭に育てられた世間知らずのお嬢さんで、姉の景子はパリに留学している。尾形は田舎出の青年だが、野心家だった。美千代という野望の鍵をつかんだ彼の心は、ただ恋に酔うという甘いものだけではなかった。突然、大橋社長が妾宅で脳溢血のため倒れた。尾形は社長を自宅に運ばせるなど、機敏に処理した。そのため、彼は社長病気中の間社長邸出向の命令を受けた。が、尾形の慢心が社長の信頼を失った。尾形は社長宅から帰された。焦慮と不満。彼は社長の妾・英子の誘惑を甘んじて受けた。英子は代償として尾形に高血圧の薬を渡した。大橋社長は再度の脳溢血を起し、死んだ。尾形は社長の遺言を発表した。創作の遺言とも思わず人々はそれを信用した。そして三カ月後、尾形は美千代と結婚した。これも遺言の一つなのだ。課長になった。ある日、美千代は医師の手を経て英子から父へ届けられた薬を返された。薬の箱の中には英子の手紙が入っていた。美千代の心に疑惑が宿った。尾形と美千代は激しく口論した。美千代はいつか頭を割られて尾形の足もとに倒れていた。尾形は断崖へ美千代の死体を突き落した。自動車事故--尾形には若妻を失ったという同情が集った。女中のトミの同情は愛情に変わり、彼女は尾形に抱かれた。そんな時、景子がパリから帰って来た。ある日、景子が尾形を美千代の事故現場へ誘った。美千代は手首の傷をかくすため、外出の時は必らず白い手袋をしたという。現場写真にはそれが見られなかった。ただそれだけの疑惑で景子は帰って来たのだ。尾形は敗北した。だが、この女を殺せばいいんだ。景子を追った尾形は、彼女を一撃した。が、そこにはトミが倒れていた。--獄窓で今は死を待つしかない尾形。野望はかくて消えたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。