日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

地獄の渡り者
ジゴクノワタリモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月19日 
製作会社
第二東映東京 
配給会社
第二東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Lord and Pickpocket  
上映時間
67分  

中沢信の脚本を「海のGメン 暁の急襲隊」の相野田悟が監督したアクション・ドラマ。撮影は内田宏夫。

スタッフ

企画
根津昇
脚本
中沢信
監督
相野田悟
撮影
内田宏夫
音楽
石松晃
美術
近藤照男
照明
桑名史郎
録音
岩田広一
編集
鈴木寛

ストーリー

夜の横須賀は犯罪のにおいのする街だ。学生くずれのギター流し亮吉は、酒場リラで喧嘩を売る外国人をたたきのめした。彼の腕をみこんだマスター利平は、彼を店で働かすことにした。利平の娘リカはこれがうれしかった。亮吉は元アメリカン・フットボールの選手で、ブルジョア家庭に育った。しかし贈賄容疑で父は没落し、許婚者の絹江はアメリカにわたってしまった。ギター一つをもとに彼は自活していたのである。ある日亮吉は利平が外国人ケントと麻薬取引をしているのをみた。ケントの縄ばりを荒すことを考えた刺青の竹一味はケントを殺し、利平をおどした。そして中華飯店上海で店主を殺し、血のついたドスを昏倒した亮吉に握らせて逃げた。その頃利平は逃亡しようとしていた。リカは一人で亮吉を探しに出かけ彼を助けた。その時、利平は刺青の竹一味に殺されていた。亮吉は一味の一人に口を割らせ、アジトになっている密輸船ロック号にのりこんだ。船のキャプテンはジョージ田口と名のる怪しい男である。ロック号にはまた田口の情婦である黒眼鏡の女がいた。それは意外や、かつての亮吉の許婚者絹江であった。亮吉が田口に追いつめられた時、絹江の拳銃が田口を射殺した。そして彼女も海へ身を投げた。亮吉はリカと抱きあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。