日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大空の無法者
オオゾラノムホウモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年05月10日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「白銀城の対決」の直居欽哉の脚本を、「男の挑戦(1960)」の島津昇一が監督したアクション・ドラマ。撮影も「男の挑戦(1960)」の星島一郎。

スタッフ

企画
岡田寿之矢部恒吉田達
脚本
直居欽哉
監督
島津昇一
撮影
星島一郎
音楽
池田正義
美術
田辺達
照明
吉田一一
録音
広上庄三
編集
鈴木寛

ストーリー

連絡船が、小さな島のさびれた漁港に横づけされた。吾郎はこの島にある南邦航空から中古飛行機を安く買入れ、魚群探索をやろうと北海道からやってきたのだ。が、ブローカーの青木に内金を持ち逃げされてしまい、仕方なく社長大場のすすめで南邦航空に腰を落着けることにした。吾郎は紅蘭亭の二階に宿をとったが、そこで連絡船で会った美奈子と再び顔を合わせた。美奈子の兄都築は南邦航空のパイロットだったが、一ヵ月前から行方不明なのだという。ある夜、大場が美奈子を手ごめにしようとした。吾郎が美奈子をかばって大場に挑戦した。と、二人の真中に銛が打ちこまれた。大場にまとわりつく女パイロットのかおるだった。夜明け、吾郎は大場に誘われ島を飛びたった。何の目的であるかは言わなかったが、そこに吾郎は南邦航空の謎があると直感した。途中、大場機がエンジン不調で墜落した。吾郎が大場の危機を救った。数日後、二人は再び島を飛びたった。吾郎は美奈子に手紙を托していた。しかし、その手紙は大場を訪れる陳という外国人に奪われてしまった。海上には貨物船が停泊していた。大場の目的は貨物船から木箱をつり上げることなのだ。吾郎は見事箱をつり上げた。箱の中味は麻薬だ。美奈子の兄はこの作業の犠牲者だった。吾郎の手は無電機のスイッチにのびた。島へ帰った吾郎を、陳一味が包囲した。陳は吾郎の無電を傍受し、彼の正体を知ったのだ。吾郎は保安官なのだ。と、大場の拳銃が陳一味に向って火を吐いた。大場は吾郎に返礼をしたのだ。大場はセスナー機へとび乗った。陳の弾が彼の脇腹を射ぬいた。機は大場とかおるを乗せて飛びたった。吾郎の哨戒機が後を追ったが、大場機は焔に包まれ落ちていった。絶命した大場を抱いたかおるが自ら火を放ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。