日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

噛みついた若旦那
カミツイタワカダンナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年05月22日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

椿澄夫の脚本を、「恐妻党総裁に栄光あれ」の青柳信雄が監督したコメディ。撮影は伊東英朗が担当した。

スタッフ

製作
金原文雄
脚本
椿澄夫
監督
青柳信雄
撮影
伊東英朗
音楽
広瀬健次郎
美術
狩野健
照明
今泉千仭
録音
西尾昇

ストーリー

日本橋の芳町にある酒店「ちよだや」の女主人絹子は、女手一つで育てあげてきた息子の新太郎が大学を卒業し、これから店に座ると思うと嬉しくてならなかった。ところが、当の新太郎はこっそりとある自動車会社の就職試験を受け入社が決まっていた。亡父と、金兵衛、勇蔵の三人は昔町内三人組といわれた仲よしだった。今でも二人は新太郎にめをかけてくれている。勇蔵は就職の際の保証人になってくれた。お絹が勇蔵から一部始終を聞いた。お絹はかんかんになり、酒屋がいやなら親子の縁を切るとまで言い出した。勇蔵までお絹の味方になった。金兵衛が、新太郎の高校時代の教師山本に相談にいった。金兵衛は帰途、タクシーにハネられ怪我をした。そんな事件があっても、新太郎の決意は、変らなかった。山本は条件つきで新太郎の就職を許すことを提案した。条件とは新太郎が嫁をもらって「ちよだや」の潤滑油にするということだ。先生は、嫁の候補にと娘のよし子を推薦した。かねがね好意をもっていた新太郎に依存のあるはずはなかった。お絹も了承した。新太郎とよし子の結婚式。よし子は「ちよだや」の横文字の入った小型トラックに荷物をのせ、自分で運転して「ちよだや」に乗りこんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。