日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サラリーマン御意見帖 出世無用
サラリーマンゴイケンチョウシュッセムヨウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年05月28日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Boss of Edo  
上映時間
85分  

「サラリーマン御意見帖 男の一大事」に続くサラリーマン御意見帖シリーズの第二作。長瀬喜伴・吉田精弥の脚本を、「サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口」の岩城英二が監督し、「国定忠治(1960)」の西垣六郎が撮影した。

スタッフ

製作
安達英三郎
脚本
長瀬喜伴吉田精弥
監督
岩城英二
撮影
西垣六郎
音楽
馬渡誠一
美術
浜上兵衛
照明
西川鶴三
録音
三上長七郎

ストーリー

一心太郎はスタービールの社員、仕事は販売係、つまりセールスマンなのだ。ある料理屋に注文を取りに行くと、板前が酔っぱらって料理ができず大弱りの最中魚屋になりたくて調理師の免状までとった太郎は、早速手さばきの鮮やかなところをみせた。その料理屋はもちろんスタービールのお得意になった。その翌日からは庖丁を鞄に入れての注文取り。そのため、出刃庖丁強盗に間違えられたりした。バー・ボンニュイのマダム麗子から、東西興業の社長徳田が大娯楽センター世界会館を近く開館するという情報を貰った。これで大口契約がとれれば大手柄だ。世界会館に向う途中、家光社長の妹で太郎に熱をあげているみどりのオートバイに拾われたが、箱根一周という道草がついて、やっとたどりついた時は、ラッキービールの黒木が来ていて契約寸前という有様だった。ところが、開館にからんでゆすりに来ていた暴力団を太郎が退治して、スタービールが優勢になった。ところで、大久保専務がボンニュイに現われるようになった。お月あては女給のマリ子だ。徳田社長も彼女に参っていた。黒木がこれに目をつけマリ子を抱きこむと、二人を熱海におびきよせ、鉢合せさせた。徳田は、大久保がスタービールの専務と聞いて、契約はご破算になった。イヤ気がさした太郎は辞表を出した。そして、黒木の悪計を徳田社長にまくし立てた。事実を知った徳田はスタービールと契約を結ぶことを約した。やっと復社する気になった太郎を、会社は係長に昇格させるといったが、太郎は肩書なんかいらないと言って仕事に飛出した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。