日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暴れん坊兄弟
アバレンボウキョウダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年06月05日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

山本周五郎の『思い違い物語』を、「ひばりの森の石松」のコンビ鷹沢和善が脚色し、沢島忠が監督した娯楽時代劇。「浪人市場 朝やけ天狗」の吉田貞次が撮影した。

スタッフ

企画
小川貴也
原作
山本周五郎
脚色
鷹沢和善
監督
沢島忠
撮影
吉田貞次
音楽
鈴木静一
美術
井川徳道
照明
安田与一
録音
中井秀夫
編集
宮本信太郎

ストーリー

泰助と泰三は仲よしの兄弟だったが、泰助はのんびり屋、泰三は粗忽者と性格は反対だった。兄の泰助は、主君松平長門守から初の国入りを控えて国詰めを命じられた。泰助来たるの報に、若葉城はわいた。兄弟の父の親友だった家老の山治右衛門がベタぼめするので、泰助は武芸百般の達人ということになってしまった。これは青年隊に反感を生じさせた。城下に着いた泰助は早速覆面の一隊に襲われて小川に落ち、山治家を訪れた時は全身濡れ鼠の有様だった。山治老や千賀、津留の姉妹らはがっかりした。数日後、江戸での泰助の行状を知らせる報告がつき、泰助の人気は一気に下落した。そんな時、弟の泰三がやってきた。彼は兄の悪口を耳にすると、兄をあざける侍達に鉄拳の雨を降らせた。さらに泰三は、藩の御料林の横流しに立合っていたという新井、角丸の二人を見つけて奉行のところへ連れて行った。しかし、結果は二人が首を斬られただけで、事件はうやむやのうちに終った。泰助の許へ、収納方下島孝之進の子供たちがやって来て父が殺されると訴えた。駈けつけた時はすでに遅かった。下島は汚職の黒幕は城代家老稲葉兵部で、今夜相模屋に集まると告げて死んだ。遂に泰助も怒り、丸太捧を抱えて一味の宴席に欧りこんだ。泰三と山治老も駈けつけた。--旬日後、若葉城に長門守がお国入りした。彼は泰助を城代家老に命じた。泰助が千賀と、泰三が津留と結ばれるのも間近いようだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。