日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青い野獣
アオイヤジュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年06月26日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

「われらの時代」の白坂依志夫のオリジナル・シナリオを、「黒い画集 あるサラリーマンの証言」の堀川弘通が監督したもので、一青年の野望を描いた“赤と黒”日本版。撮影も「黒い画集 あるサラリーマンの証言」の中井朝一。

スタッフ

監督
堀川弘通
製作
藤本真澄金子正且
脚本
白坂依志夫
撮影
中井朝一
音楽
池野成
美術
植田寛
照明
森弘充
録音
小沼渡

ストーリー

出版社「婦人春秋」では、組合幹部の伊達、黒木、井本らが従業員の賃上げをめぐって小川社長と激論をかわしていた。アパートに戻った黒木に社長から電話がかかった。黒木は「無期限ストに入りました」と答えた。彼は副委員長の地位を利用し、会社側に情報を売っていたのだ。社長からは将来の重要な地位が約束されていた。その夜、黒木はバーで良重に会った。二人は学生時代左翼運動をした仲だった。肉体関係もあった。黒木は良重がアルバイトに家庭教師をしていた先の夫人、小川社長夫人・頼子と関係を結びその口ききで入社したのだ。それ以来会っていなかった。数日後、黒木は良重から電話を受けた。ホテルで会った。同じく学友で、黒木の裏切りを忘れぬ合田が良重に様子をさぐらせたのだ。合田は弾圧の際、片足不具になり今は左系の労評で仕事をしていた。良重は黒木が組合分裂工作の資金として社長から大金を受取っていることを知ったが、合田には言わなかった。組合は分裂した。財界の実力者江藤の応援と、黒木の裏切りが原因だった。黒木は江藤に近づく手段を狙った。だが、その前にしておかなければならぬことがあった。無用となった頼子夫人との関係をかたづけることだ。情交の後、頼子の老醜を罵倒した。黒木は江藤の娘文子の素行調査をした。近く政界の大立者羽仁の息子と結婚すること、学生時代に男と遊んだことがあることなどを知った。黒木はこれをネタに文子を脅迫した。暴力でその肉体を奪った。やがて、文子は黒木のトリコとなった。羽仁との婚約解消、黒木との結婚を父に迫った。事態は黒木の思うままに進展した。一方「婦人春秋」の争議は最悪の段階に達した。第一、第二組合員が乱闘となり、警官、暴力団まで介入した。井本が逮捕された。黒木は良重との最後の情事を楽しんでいた。合田が現れた。「離れろ!俺の女房から」と絶叫した。良重は、黒木が社長から大金を受取っていたことを合田に告げた。黒木と文子との婚約発表は明日に迫った。文子に送られて、黒木はアパートに戻った。その入口に釈放された井本がひそんでいた。ドスを持った体をぶつけた。黒木は苦痛に顔をゆがめ、やがて意識を失った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。