日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の流れ
ヨルノナガレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年07月12日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

東京の下町の花柳街を舞台に、新旧二つの世代の愛情を描いたドラマ。脚本は「娘・妻・母」の松山善三と井手俊郎、監督は「娘・妻・母」の成瀬喜巳男と「接吻泥棒」の川島雄三、撮影は「娘・妻・母」の安本淳と「落語天国紳士録」の飯村正といずれもダブル・システム。

ストーリー

東京の下町、料亭「藤むら」はその繁華街に近い花柳街にあった。女主人の綾はきれ者で、一人娘の美也子を大学まで出した。美也子は母のパトロンである実業家園田の娘忍と学友だった。二人は店へ出入りする芸妓たち、一花、金太郎、万里らと遊んだ。園田と綾との関係は、資本家と雇われ女将の金銭的関係以上のものはなかった。板前の五十嵐と肉体関係があったのだ。美也子もまた、五十嵐に好意以上の関心を持っていた。五十嵐はシベリアで捕虜だった時代、凍傷にかかった足を小刀で癒したとか、ビッコだが女の心をひく魅力があった。五十嵐が足の手術のため入院することになった。ある晩、寿司を届けに行った美也子は病室で母と五十嵐が抱き合っているのを見てしまった。美也子は母に反発を感じた。退院した五十嵐は、綾に店をやめるといった。逆上した綾は、出刃庖丁をもって彼の後を追いかけた。怪我はなかったが、二人の関係は花街に知れ渡った。綾は「藤むら」を止めさせられた。美也子は忍に芸者になることを打ち明けた。忍は父の秘書高見沢と外国へ行くと言った。高見沢は前に見合いをして美也子にフラれた男だった。綾が置手紙をし、五十嵐の後を追った。その頃、美也子はお披露目に出ていた。着飾った美也子の顔には、少しの暗い影も見えなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。