日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本よいとこ 無鉄砲旅行
ニホンヨイトコムテッポウリョコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年07月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

関沢新一と若松千洋男の共同脚本を、「大願成就」の生駒千里が監督したもので、各地の名勝古蹟を紹介する道中もの。撮影は「予科練物語 紺碧の空遠く」の平瀬静雄。

スタッフ

製作
桑田良太郎
脚本
関沢新一若松千洋男
監督
生駒千里
撮影
平瀬静雄
音楽
木下忠司
美術
佐藤公信
照明
津吹正
録音
田中俊夫
編集
谷みどり

ストーリー

洋菓子研究を志す木助と、歌手志願の岩造の二人は、故郷種ケ島から東京に向けて家出した。鹿児島、熊本を経て博多にやってきた二人は、文なしになったが、そこでデパートの試食品をモリモリ食べて旅行する東京の学生森谷を見てびっくりした。二人の親父である木太郎と岩吉は、息子のあとを追って旅行をはじめた。ヤクザの黒山にひろわれ、麻薬運搬人になりかかった二人は関門トンネルの向こうで警官につかまり、また一文の持ち金もなくなった。広島のバス・センターで親父たちにみつかりそうになり、出雲大社講中の婆さん連のバスに逃げこんだ二人は、次にお婿さんをきらって逃げ出した花嫁サチコをひろった。日御崎で通りかかった外国人の車にひろわれ、宍道湖畔でパンクに困るコロムビア・ローズを助け、一同は米子についた。大山の見える道端でサチコの花婿たちが追いつき、乱闘で木助が傷を負い、サチコはかいがいしく木助をかいほうした。二人の親父は有馬温泉で羽根をのばしていた。ここで岩造は木助とサチコの二人の仲のよさをみて、怒って去った。城崎海岸を経て、レーヨン会社のモデルになったりしながら、木助とサチコは須磨海岸に出た。一人になった岩造は天の橋立の旅館の女中で故郷佐渡に帰る千代の、ニセの夫となった。が、佐渡にいるうちに岩造は千代が好きになった。新しい背広と五千円をもらい、再会を約した岩造は、新潟で合流した木助、サチコと共に東京に向かった。親父二人は酔って警察に保護されていた。そして、歌謡コンクールの締切られていた受付を、コロムビア・ローズの助けで突破した岩造は、コンテストで一等となった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。