日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人形佐七捕物帖 ふり袖屋敷
ニンギョウサシチトリモノチョウフリソデヤシキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年08月24日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Skyscraper Man  
上映時間
61分  

「人形佐七捕物帖 血染の肌着」に続く人形佐七捕物帖シリーズの一篇。脚色・結束信二、監督・山崎大助、撮影・脇武夫といずれも「人形佐七捕物帖 血染の肌着」と同じ顔ぶれ。

スタッフ

企画
神戸由美
原作
横溝正史
脚色
結束信二
監督
山崎大助
撮影
脇武夫
音楽
鈴木静一
美術
塚本隆治
照明
前田光秋
録音
藤本尚武
編集
宮本信太郎

ストーリー

本所のふり袖屋敷の古池に土左衛門が発見された。ふり袖屋敷とは、もとは旗本屋敷だったが、そこの娘が狂死してから人手も入らない荒屋敷である。土左衛門の二の腕にある島帰りのいれずみに、佐七は事件の背後関係の複雑さを感じた。十軒長屋に住む日野三平という浪人者が、ふり袖屋敷で娘の亡霊を見たと左七に語った。三平の案内で佐七はふり袖屋敷へ出かけた。ふり袖亡霊を目のあたりに見た。思案投首の佐七の許へ、チンピラやくざの市公が耳よりな話をもちこんできた。娘手踊り花の家一座の花形水仙が、市公の口から佐七の名前を聞いてシドロモドロになったというのだ。佐七は、水仙を訪ね、さらに十軒長屋の三平の許へ行った。ところが、三平は変りはてた姿になっていた。死体の腕には、島帰りのイレズミがあった。佐七は南町奉行与力神崎甚五郎を案内し、再び水仙の掛小屋へ戻った。水仙は失踪していた。悽愴たるさまのふり袖屋敷。佐七と辰は浪人者の刀をかいくぐり、後退する水仙に、迫る黒い影があった。「蓬庵紫月たあ酒落れた名だが、手前の名は十何年前江戸中を荒した盗賊、紫紐丹左衛門ッ」と佐七は叱咤した。丹左衛門の妖刀を佐七の法善流棒術がはばんだ--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。