日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十六歳
ジュウロクサイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年10月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Reckless Drivers  
上映時間
95分  

基地に住む少女を主人公にした悲劇で、打木村治の原作を「雑草のような命」の三木克巳が脚色し「あじさいの歌」の滝沢英輔が監督した。撮影は「拳銃無頼帖 不敵に笑う男」の横山実。

スタッフ

企画
坂上静翁
原作
打木村治
脚色
三木克巳
監督
滝沢英輔
撮影
横山実
音楽
佐藤勝
美術
松山崇
照明
河野愛三
録音
沼倉範夫
編集
辻井正則

ストーリー

基地周辺の農村。玉川せん子は中学の三年生で、バドミントン部のキャプテンをしている。父親の金造は納屋を改造し、オンリーの美加代に貸していた。せん子は、彼女の派手な生活がなんとなくうらやましかった。ある日、美加代がドライブに連れていった。旦那フィッシャーも一諸だった。抱きあう二人をせん子は好奇な目で眺めた。--せん子はラケットを買うため茶摘みのアルバイトをした。部長の中根先生がそんな彼女をいじらしく思い、ラケットを買ってやると約束した。そして、ある夕、二人は抱き合った。同じバトミントン部の本間先生も彼女を狙っていた。せん子は大会に優勝したが、部を辞めなければならなかった。美加代たちが家を出ていったので、家の状態が苦しくなったためだ。卒業と同時に就職することになり、本間がコネをつけてくれることになった。下宿を訪れたせん子は、体を奪われた。彼女は東京の工場に勤めた。本間の子を宿した。本間は堕ろせと言った。せん子は家へ帰ることもできなくなった。キャバレーに働く美加代を訪ねた。話を聞いた美加代は、中根に言った。彼女を救えるのは先生だけだと。中根は本間を殴って学校を辞めた。本間もクビになった。暗い夜霧の中を、中根は荷物を自転車に乗せて運んでいた。側を軍用トラックが通りすぎる。そのライトの中に毒々しい化粧の女が立っていた。せん子だ。彼女は逃げた。その時、横からトレーラーが疾走してきてせん子を轢いた。中根は彼女を激しく抱いた。彼女の死顔は美しかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。