日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

刑事物語 知り過ぎた奴は殺す
ケイジモノガタリシリスギタヤツハコロス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年10月19日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
55分  

「刑事物語 前科なき拳銃」の共同執筆者・宮田達男の脚本を、「金語楼の俺は殺し屋だ!」の小杉勇が監督した刑事物語シリーズの第七話。撮影は「狂熱の季節」の間宮義雄。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
宮田達男
監督
小杉勇
撮影
間宮義雄
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
吉田協佐
録音
米津次男

ストーリー

六百万円の現金を持って、野口は銀行から出てきた。走り出した車に一人の男が乗っていて、野口の生命を奪った。車は奥多摩に向った。もう一人の男が待っていた。二人は金を奪い、車を死体もろとも崖下に港した。翌朝、銀行前で野口と一人の男を目撃していた靴みがきの田中は、新聞で事件を知った。彼は男・須田を知っていたのだ。須田と田中は一緒に前の工場をクビになったのだ。場外馬券売揚で田中は偶然須田に会い、金をゆすった。共犯関谷がこの様子をみていた。一方、警察も動き出した。佐藤源造、保郎の親子刑事は田中を尋問した。田中を尾行して二人の刑事は須田の顔写真を取った。指名手配が発令された。源造は野口の秘書福本君江を呼び出し、何か秘密を感じとった。保郎は君江を追った。君江のアパートに関谷が来た。関谷は須田を消すといった。君江と須田は恋仲で、関谷を抱きこみ野口の金を奪って山分けし、二人は田舎で新世帯を持つ計画だった。関谷は須田を遊園地に誘い出した。ジェット・コースターの上で須田は殺された。保郎は関谷を見失った。源造は君江のアパートに張り込んだ。関谷はまた逃げた。君江の口から関谷の名が割れ、情婦ミサ子の所在がわかった。関谷はミサ子も殺した。全都に非常線が張られた。水上署も動き出した。はたして東京湾上で関谷のモーターボートを発見した。源造は停止を命じた。関谷はきかない。銃弾はエンジンをブチ抜いた。ボートは転覆、関谷は死んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。