日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

唄祭ロマンス道中
ウタマツリロマンスドウチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年10月30日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

「第三波止場の決闘」の芝野文雄の脚本を、「自由ケ丘夫人」の佐伯幸三が監督した喜劇。撮影も「自由ケ丘夫人」の飯村正。

スタッフ

製作
杉原貞雄
脚本
芝野文雄
監督
佐伯幸三
撮影
飯村正
音楽
神津善行
美術
北辰雄
照明
小西康夫
録音
鴛海晄次

ストーリー

江戸一番の糸問屋「糸万」の一人娘おチエは、降る星のごとく持ちこまれる縁談を片端から断っていた。すっかり頭を痛めた喜三郎、お篠夫婦は祈トウ師の「四国徳島で阿波踊りの日に天狗の面をかぶった男がおチエの夫」という言葉を信じて、出入りのトビ職三吉をつけ、おチエを徳島へ旅立たせた。こうして四国へ渡ったおチエと三吉は、宿場の旅籠「鳴戸屋」へ入ったが、主人の才兵衛おやす夫婦のがめつさに腹を立てたおチエ、向いにある旅籠「小松屋」へと宿を替えた。ところがこの小松屋が大変な貧乏旅館で、お人好しの善兵衛おむら夫婦を見るに見かねたおチエは、持ち前の義侠心から宿の前で歌をうたって客引に大わらわ。おかげで小松屋は満員の盛況。そこへこの宿場に稲葉三万石の城主の妹君、夕姫の輿入れ行列が急に宿ることになった。その昔、夕姫に仕えていた小出陽之助は彼女と恋仲であったが所詮、添われぬと知った彼は身を引いて浪人となり、夕姫の輿入れを一目みんとして小松屋に宿っていた。その頃、本陣では大騒動が持ち上っていた。陽之助を思う夕姫が縁談を嫌って逃げ出していたのだ。本陣を逃げ出した夕姫は小松屋の裏でおチエと三吉に救われ、事情を聞いたおチエは夕姫を町娘に変装させた。一肌ぬぐ決心をしたおチエは、夕姫の婿となる稲垣頼母が彼女に対面にくる当日、直接にぶつかって夕姫の心を打ち開け頼母の男気にすがった。おチエの真心に粋人頼母は、夕姫頓死を稲葉家中に伝えてくれた。すっかり喜んだ夕姫、おチエ、三吉が小松屋へ帰ってくるが、陽之助は徳島へ旅立った後だった。三人もその後を追った。折から、徳島の城下町は阿波踊りの真最中、おチエはここで祈トウ師の言葉通り天狗の面の男にバッタリ遭遇、それが陽之助の変装と知った彼女は、夕姫と彼の手をしっかりと握ると、なつかしい江戸をめざして三吉とともに帰り旅を続けるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。