日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

わんぱく公子
ワンパクコウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年11月22日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

山手樹一郎の同名小説を映画化した明朗時代劇で、「競艶八剣伝」の松村正温が脚色し、「海蛇大名」の弘津三男が監督した。撮影も「海蛇大名」の牧浦地志。

スタッフ

製作
武田一義
企画
八尋大和
原作
山手樹一郎
脚色
松村正温
監督
弘津三男
撮影
牧浦地志
音楽
渡辺岳夫
美術
太田正一
照明
古谷賢次
録音
長岡栄
編集
西田重雄

ストーリー

将軍家斉の五十三人の子女のうち、最も腕白の聞え高い若君鶴七郎は松平家の後嗣忠姫との見合いの席へ赴く途上、側用人森尾孫太夫の隙を見て町の中へ逃げ出した。鶴七郎脱走の報が松平家江戸邸に伝わった頃、そこでも忠姫が失踪する椿事が起きていた。かねて忠姫を廃して自ら跡目に上ろうと狙っていた外戚筆頭の江戸家老馬場大膳太夫は、好機到来と殺し屋集団の梟組と女間蝶お綱らに忠姫と鶴七郎の暗殺を命じた。一方、鶴七郎はのびのびと市中見物。大道で稼ぐ十文叩きの浪人前田房之助や一里四方にある小判の匂いを嗅ぎつける才能を持つ烏松という愉快な若者と知合いになり、烏松のおはぐろ長屋の居候となった。忠姫は鶴七郎に合って藩内事情を訴えるため家出したのであるが、ひとまず房之助の家に落ちついた。房之助は忠姫と乳兄妹で恋仲だったが、身分の相違と忠姫の幸福を願って身を引いていたのだった。鶴七郎の行方を必死に求める孫太夫は、忠姫、房之助らと逢い忠姫からその苦境を聞かされたが、鶴七郎は壁一つの隣りからこれを聞くともなく洩れ聞いていた。まもなく梟組一味は忠姫の所在を嗅ぎつけ姫を奪って河岸の生糸倉に幽閉した。それを助けんとした房之助もわなにおちて姫と共に倉の中へ。そして火をかけられた。鶴七郎と烏松が駈けつけた時、倉は猛火に包まれていた。そして鶴七郎も大膳太夫の短銃で河中へ射ち落された。わがことなれりと大膳太夫一味は、幕府へ松平家跡目相続の願いを立てた。だがそこへ死んだと思われた鶴七郎が現われた。これまでと観念した陰謀派は一斉に白刄を連らねて鶴七郎に迫るが若君剣法は冴え渡り、次々と倒されていった。忠姫と房之助は鶴七郎の粋な計らいで結ばれて松平家を継ぐことになった。それを見送るわんぱく公子の袖を必死の表情で孫太夫はつかんでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。