日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男ならやってみろ
オトコナラヤッテミロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年11月29日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Count on Me  
上映時間
89分  

「幌馬車は行く」の共同執筆者・直居欽哉の脚本を、「砂漠を渡る太陽」の佐伯清が監督した明朗編。撮影担当は「風流深川唄」の西川庄衛。

スタッフ

企画
岡田寿之吉田達
原案
味岡義一
脚本
直居欽哉
監督
佐伯清
撮影
西川庄衛
音楽
小沢秀夫
美術
進藤誠吾
照明
城田昌貞
録音
加瀬寿士

ストーリー

九州阿蘇山麓の郷里から東京に出た梶村五郎は、交通機動警羅隊の試験に合格した。生一本の五郎の性格は清水部長に認められ彼の家に下宿させてもらうことになった。部長の家にはガソリンスタンドで働く美しい妹愛子がいた。若い五郎と愛子はいつしか愛し合うようになった。白バイ隊員の三沢は、母を交通事故でなくしその悲しみと怒りで、冷酷なほどまでに違反を取締った。タクシーの運転手長谷川も三沢に挙げられたばっかりに会社を馘になった。五郎は、この三沢と性格が合わなかった。その頃、都内に銀行ギャング事件が突発、オートバイに乗り組む五人組の兇悪犯人を追って非常線が張られた。五郎が一斉検間にひっかかっている歌手江島ミドリの自家用車を劇場に誘導している間に清水部長は兇悪犯人に殺されてしまった。責任を感じた五郎は辞表を提出した。五郎は部長の遺品となった警笛を胸に、犯行現場に残されたタイヤの跡を頼りに死物狂いの捜査を開始した。下宿にも帰らず愛子にも告げず捜査は昼夜の別なく続いた。その甲斐あって五郎は、タイヤの出所である東信車輛工場を探し当てそこに工員としてもぐり込んだ。一方、三沢もまた東信車輛に目をつけたが、そこには以前挙げた長谷川が働いていて、彼は身分を見破られ倉庫に監禁された。この東信車輛は社長の高松をはじめ大木、長谷川等銀行ギャングの巣だった。彼らは、外国人のナイトクラブを襲う計画を立て五郎のオートバイの腕を見込んで仲間に加えた。あっという間に莫大な札束を奪った五台のオートバイは、待機していた隣トラックにかくされて非常線を突破した。五郎は一味の隙を見すまし、通信文を入れた清水部長の警笛を地上に投げた。工場に帰った五郎は監禁されている三沢を見て驚いたため、素性がばれてしまった。五郎は三沢と力を合わせて闘った。その時、地上に落した通信文によって警官隊が乱入して来た。ギャング事件は解決した。五郎は警羅隊に復帰した。颯爽たる五郎の姿を愛子の微笑が見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。