日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ガス人間第1号
ガスニンゲンダイイチゴウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年12月11日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Human Vapor  
上映時間
91分  

「大空の野郎ども」の木村武の脚本を、「宇宙大戦争」の本多猪四郎が監督した空想怪奇映画。特技監督は円谷英二。撮影は「宇宙大戦争」の小泉一。

スタッフ

製作
田中友幸
脚本
木村武
監督
本多猪四郎
特技監督
円谷英二
撮影
小泉一
音楽
宮内国郎
美術
清水喜代志
照明
高島利雄
録音
藤好昌生

ストーリー

吉祥寺の富田銀行を襲った銀行ギャングは、岡本警部補らの必死の追跡にもかかわらず、五日市街道のはずれの一軒家、日本舞踊の家元春日家あたりで姿をくらました。ギャングは、再び東海銀行を襲った。行員の死因は血管に何やら得体の知れぬ気体の詰った窒息死だった。岡本は、春日藤千代の貧窮からの立直りをあやしく思った。派手なキャデラックを乗り廻し始め、絶縁関係の芸人達にも金をバラまいているという。岡本の許婚者で東京新報の女記者京子は、藤千代の身辺をさぐり始めた。岡本らは、強奪された銀行の紙幣のナンバーと藤千代のバラまく札のナンバーが一致するのを発見、共犯容疑で逮捕した。ところが、京子の許に犯人から新宿の三協銀行を襲うという予告の電話があった。三協銀行とは反対の大森銀行を襲ったが、犯人はあっさり捕まった。この男前科五犯の西山の自供はあやしいものだった。そこへ新報の川崎が連れてきた橋本という図書館に勤める青年が、自ら犯人と名のり犯行の様子を見せようという。銀行に行った岡本らの自前で、橋本は一条の白いガスに変った。ガス人間だったのだ。彼は、人間が宇宙旅行を容易にできるための人体実験の失敗によっていつでもガス状になることのできるガス人間にされてしまったのだと言った。釈放された藤干代の発表会の準備は進んだ。田端警部は、この発表会に現われるガス人間を会場ごと爆破させようと図った。これを知ったガス人間は、田端のみか、彼の家族をも無残に殺してしまった。発表会の当日、ガス人間が正体を現わした。観客は退避した。舞台では、舞い終えた藤千代がガス人間に抱かれていた。と、藤千代のライターがガス人間の背で光ったと同時に、大爆発を起し会場は四散してしまった。第一号で最後のガス人間は、藤千代と鼓打ちの老人とともに消え去ったのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。