日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あばれ駕篭
アバレカゴ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年12月06日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Night Walker  
上映時間
83分  

土師清二の「あばれ熨斗」を、「遥かなる母の顔」の鈴木兵吾が脚色し、「素浪人百万石」の松村昌治が監督した娯楽時代劇。撮影は「炎の城」の吉田貞次。

スタッフ

企画
田口直也
原作
土師清二
脚色
鈴木兵吾
監督
松村昌治
撮影
吉田貞次
音楽
阿部皓哉
美術
大門恒夫
照明
安田与一
録音
藤本尚武
編集
宮本信太郎

ストーリー

江戸評判の人気義賊稲葉小僧新助は、与力生田慶五郎と目明し徳五郎の追跡を逃れ、紀州家江戸屋敷にとびこんだ。中臈梶尾の気転に救われた。新助をかくまったことが分ると、梶はその責を問われ、お梶と名をかえ侍女お弥重の実家松代屋に身を退いた。そこでお梶は人気役者中村仲蔵と顔を合わせ、新助と瓜二つなのに驚いた。仲蔵は親方団十郎の意にさからい、一座を追われた。彼はヤクザ仲間に身を落した。浪人の此村大吉だけが励ました。新助は生き別れになった弟が仲蔵だと知って驚いた。松代屋が火事になった。新助はお梶の姿をさがし求めた。お梶に横恋慕する与力生田慶五郎たちが、松代屋に放火し、そのどさくさにまぎれてお梶をさらおうとしたのだ。新助はお梶を仲蔵にあずけ、彼らをたたきのめした。新助の骨折りで、仲蔵の舞台復帰がかなった。初日の舞台に向って仲蔵をのせた駕篭が行く。そこへ捕方が現われ「中村仲蔵ッ、実は稲葉小僧ッ御用だ!」の声。飛び出した新助は仲蔵を駕篭にのせ、捕方の相手となった。生田を倒した。が、やがて縄をかけられた。仲蔵は涙を押さえつつ舞台をつとめた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。