日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お伝地獄(1960)
オデンジゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1960年11月30日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
86分  

邦枝完二の原作を、「痴人の愛(1960)」の木村恵吾が脚色・監督した高橋お伝の物語。撮影は「傷ついた野獣」の石田博。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
米田治
原作
邦枝完二
脚色
木村恵吾
監督
木村恵吾
撮影
石田博
音楽
小川寛興
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
橋本国雄

ストーリー

上州奥利根に住む高橋お伝の夫浪之助は悪性の皮膚病を患い、養生も思うに任せなかった。夫思いのお伝は庄屋の息子大八に金策を頼んだ。大八は金を持って来たが、お伝の体が目当だった。お伝ともつれあった大八は谷底へ落ちていった。その金を持って東京に出たお伝は、名医後藤昌文を訪れるが不治の病と宣告された。その頃から浪之助の足は激痛を訴えはじめていた。お伝の哀願に代診杉本は一時の痛み止めに麻薬を射った。しかし薬が切れると痛みを訴えるため、再三杉本を訪れるお伝は、薬との引き換えに肉体を投げ出した。が、この麻薬持ち出しがばれて杉本は病院を馘になった。後藤院長は、麻薬では病気が直らないと説き横浜のヘボン医師をお伝に紹介した。横浜に来たお伝は、牛肉屋へ女中に出て浪之助を養った。或る夜、お伝は、平岡市十郎という男と知り合った。彼は野毛山の警官殺しの犯人で馴染の夜鷹お初の深情に追いかけられていたのをかくまったのである。その頃から、お伝は治療代と生活のために夜な夜な客を引き始めた。ある晩、土地の夜鷹達のリンチに合おうとした時、お伝は市十郎に救われた。それが縁となってお伝と市十郎は肉体関係を持つようになった。その逢引から帰るお伝を引きとめたのは、谷底で奇蹟的に助かり車夫に身を替えた大八だった。困ったお伝は色仕掛けで大八をだまし逢引き場所を材木河岸に選んだ。いそいそとやって来た大八は、お伝の隠し持った出刄で刺され河の中に捨てられた。横浜に来て一向によくならぬ病いに浪之助は身も心も衰えていた。そして市十郎との情事に気がついた浪之助はお伝と無理心中を計った。出刄を持ってお伝に追った浪之助は、逆に殺されてしまった。逃げんとするお伝の家の廻りには、すでに大八殺しの下手人として警官が張っていた。そしてちょうどその頃市十郎の家の廻りにも司直の手が伸びていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。