日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

侠客春雨傘
キョウキャクハルサメガサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年12月07日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「風来物語 あばれ飛車」の渡辺邦男が自らの脚本を監督したもので、吉原を背景にした娯楽時代劇。撮影もコンビの渡辺孝。

スタッフ

製作
武田一義
企画
山崎昭郎
脚本
渡辺邦男
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
山田栄一
美術
上里義三
照明
伊藤貞一
録音
大角正夫
編集
宮田味津三

ストーリー

浅草蔵前の札差し大口屋治兵衛は、旗本逸見一角の金子借用の無理難題から、算盤で眉間を割られた。そのくやしさから家督を弟にゆすり、自からは暁雨と改め、任侠一筋に生きることになった。お鶴は浪人今西玄之進の娘で、病身の父を養うため苦界に身を沈めていた。暁雨は何かと面倒を見てやった。逸見一角はせきれい組の頭領に納まっていた。一日、天野靭負に狼籍におよんだ。これを見た玄之進がせきれい組をこらしめた。逸見はこれを根にもち、玄之進を殺した。逸見は今は薄雲太夫となっているお鶴の許に足しげく通うようになった。が、彼女の背後に暁雨の存在を知り、おもしろくなかった。ある日、吉原仲の町の通りで、暁雨とばったり顔を合わせた。暁雨は一角の眉間をわり、タンカを切った。この二人のやりとりを、二代目市川団十郎が見ていた。団十郎の芝居は暁雨と一角のやりとりを取り入れ喝采を受けた。せきれい組の面々はおもしろくない。暁雨の見物を知ると、亡き者にしようとした。が、暁雨はお鶴、籾負とともに彼らをなぎ倒し、お鷺に本懐をとげさせた。舞台では、団十郎のはなやかな踊りが、お鶴、靭負の前途を祝福するかのようだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。