日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

僕は独身社員
ボクハドクシンシャイン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年02月02日 
製作会社
東宝映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Three Dolls and Three Guys  
上映時間
80分  

新人松木ひろしのオリジナル・シナリオを、「頑張れゴキゲン娘」の古沢憲吾が監督したサラリーマンもの。「爆笑水戸黄門漫遊記」の飯村正が撮影した。

スタッフ

製作
金子正且
脚本
松木ひろし
監督
古沢憲吾
撮影
飯村正
音楽
佐藤勝
美術
阿久根巖
照明
高島利雄
録音
藤縄正一

ストーリー

同盟石油の総務課に勤務る関、鳴海、遠山の三人はいずれも独身主義を信奉していた。社の掲示板に中近東バラク出張応募の社告が張り出された。ロハで半年の外遊ができる。三人は応募を決意した。条件は独身者に限るということだ。結婚したくなったらバラクを三度唱えることに決めた。--遠山は母親にせめたてられ、十九回目の見合いに行った。初々しい相手の静代にイカれかけ、バラクを唱える始末だった。鳴海は、ファッションモデルの芳子に結婚を迫られアパートを逃げ出した。芳子はガス自殺を図ったが、週刊誌の記者多鶴子に救われた。多鶴子は女性の敵独身社員の生態を記事にするため、鳴海に会見を申しこんだ。鳴海はキャバレーの女給小夜子に乗りかえていたが、慌てて代役を遠山に頼んだ。遠山は、昔の恋人にそっくりなどと言われ、代役を白状してしまった。今度は、関が替玉として多鶴子に会った。関も白状してしまい、多鶴子を鳴海に会わせようと、小夜子のキャバレーに誘った。居合せた遠山も、ボーイフレンドと遊びに来ていた静代とばったり会った。関と多鶴子、遠山と静代、鳴海と小夜子、そろってご機嫌のところへ、チンピラやくざ中林が現われあばれたが、関が一発くわせて退散させた。ある日、一行は箱根へドライブに出かけた。と、また中林らが現われた。関は一人で奮闘し、寝こんでしまった。多鶴子は感激し、結婚を申しこんだ。バラク行きは鳴海が選ばれた。関は結婚を決意、遠山も静代と婚約したのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。