日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若桜千両槍
ワカザクラセンリョウヤリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年02月03日 
製作会社
東映京都映画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

柳川真一と「孔雀秘帖」の結束信二の共同脚本を、「風雲児 織田信長」の河野寿一が監督した、槍の権三の物語。撮影は「ひばり捕物帖 ふり袖小判」の山岸長樹。

スタッフ

企画
植木源次朗
脚本
柳川真一結束信二
監督
河野寿一
撮影
山岸長樹
音楽
高橋半
美術
角井博
照明
中山治雄
録音
中山茂二
編集
宮本信太郎

ストーリー

笹野権三郎は、九州におもむき槍の名人高田又兵衛の門をたたき、宝蔵院流の奥義はもちろん武芸百般を究めた。紀州藩主紀伊大納言頼宣の御前試合で、家老の権政を笠にきる羽織組の用心棒種田五郎左衛門を相手どり、槍術指南役をかち得た。しかし、羽織組の怨みと、権三郎に思いを寄せる叔父権太夫の娘雪乃に横恋慕する彦太郎のねたみを買い、乱闘を演じ、藩を離れることになった。権三郎は江戸に向った。侠客楯の富吉の世話になり、富吉の妹お里に慕われるようになった。権三郎が発ってしばらくして、権太夫は彦太郎と羽織組のため殺され、雪乃は逃れて江戸へ向っていた。彦太郎と羽織組も江戸入りし、武家政一家に転りこんでいた。権三郎は吉原で、雪乃に会った。一切を聞き、復讐を誓った。紀州の江戸屋敷に伺候し、頼宣に権太夫の仇討ちを誓い、武家政一家に走る。雪乃も後を追った。武家政一家は百人余り、彦太郎と羽織組も一斉に、お里を囮に刀を抜いた。が、富吉一家の助勢を受けた権三郎は、宝蔵院流奥伝の槍を駆使して活躍、めでたく権太夫の仇を討った。自ら馬を馳せた頼宣が、権三郎、雪乃に仇討免許状を投げつけた。感泣する二人の頭上で、富吉一家の手が鳴った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。