日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大暴れマドロス野郎
オオアバレマドロスヤロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月05日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Tugboat Gunman  
上映時間
75分  

一条明の「俺は港の次男坊」を、「雨に咲く花」の共同執筆者・窪田篤人が脚色し、「俺の血が騒ぐ」の山崎徳次郎が監督した和田浩治のアクションもの。「俺の故郷は大西部」の伊佐山三郎が撮影した。

スタッフ

企画
芦田正蔵
構成
梅田慶公牧克人
原作
一条明
脚色
窪田篤人
監督
山崎徳次郎
撮影
伊佐山三郎
音楽
松井八郎
美術
木村威夫
照明
吉田協佐
録音
八木多木之助
編集
鈴木晄

ストーリー

タグボートというのは、曳船ともいって大型貨物船を岩壁に横づけるいわば港の潤滑油的な役割を果している重要な仕事だ。タグボートで働いている人々をタグマンと呼ぶ。水原五郎もその一人だ。三宅船長の太陽丸に乗っている。仕事を終えて弟分の善太と朝日軒の一人娘千代に会いにいくのを楽しみにしていた。父の荘太郎は癌研究の権威だったが、アメリカへ向う飛行機上で謎の死をとげていた。五郎は義母の政江に全財産をゆずり、父の研究資料だけをもって家をとび出した。そして、三宅船長に拾われたのだ。一方、政江は助手の早瀬に研究を続けるよう命じた。早瀬は前から話のあった陳の所へ出かけていった。陳は密輸のかたわらキャバレー「カポネ」を経営する暗黒街のボスだ。陳は早瀬に二年分の研究費を渡した。五郎は千代とデート中、警察に協力して運び屋の一人で陳の輩下という男を捕えた。数日後、三宅船長や五郎は、太陽丸の持主の橋本社長から密輸の荷揚げを手伝うことを命じられた。橋本は陳から資金援助を受けているため承知せざるをえなかったのだ。五郎と三宅の勇気によってこの仕事は成功しなかった。一方早瀬は、陳との二カ月という約束期限が追ってイライラしていた。彼は五郎の持っている研究資料を狙った。五郎も遂に怒り、「カポネ」に乗りこんだ。だが、陳に縛りあげられた。その頃、早瀬の所に現われた桜井という男が早瀬をしめ上げ、水原博士を殺せと陳から命じられたことを白状させた。陳は政江を人質にして五郎を脅迫した。思わず研究資料のあり場所を言おうとした時、言う必要はないという桜井の声がした。桜井はこの事件を内偵している刑事だったのだ。陳一味は逮捕された。数日後、父の遺志をついでアメリカへ研究資料を持っていく五郎の姿が、豪華客船の甲板に見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。