日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本喧嘩鷹
ハタモトケンカダカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月05日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「右門捕物帖 南蛮鮫」の鈴木兵吾の脚本を、新東宝の中川信夫が監督した、右太衛門の時代劇。撮影は「新吾二十番勝負」の川崎新太郎。

スタッフ

企画
坂巻辰男田口直也
脚本
鈴木兵吾
監督
中川信夫
撮影
川崎新太郎
音楽
山田栄一
美術
川島泰三
照明
田辺憲一
録音
墨関治
編集
宮本信太郎
スチル
熊田陽光

ストーリー

月番老中・堀田甲斐守が下城の途中、刺客の一団に殺された。城中では非常態勢が布かれたが、上様お声掛りの旗本宝大吉の登用が図られた。大吉の叔父対馬守が仕官をすすめに行ったが、大吉に柳に風と受け流された。大吉の公儀嫌いは、若年寄駿河守の妹・文との恋の痛手に根ざしていたのだ。駿河守は大吉と文との恋仲をさき、自分の出世のために文を大老家に嫁入らせ、若年寄の座についたのだった。文はまもなく夫に死なれ、いまは実家である駿河守の屋敷に帰っていた。大吉は仕官は断ったが、ひそかに米問屋越前屋と時の勘定奉行備前守との不正な結びつきをさぐっていた。大吉の手足となって働くのは但馬屋の息子安太郎だ。この大吉の動きにつられ、備前守らは刺客四方田鉄斎をさし向け、暗殺を図った。まず、山王祭りの混雑にまぎれ、将軍家の面前で対馬守を殺害した。大吉は備前守のふともらした一言から、事件の黒幕が駿河守であるのを知った。駿河守は越前屋と備前守をあやつって軍用金を集め、浪人群を集めて将軍家覆滅の陰謀を進めていたのである。陰謀を見破られたと知った駿河守は、文をおとりに大吉の心を動かし、暗殺しようとはかった。品川沖に、駿河守の買い集めた莫大な武器弾薬が到着する。大吉は文の苦悩をふりきり、駿河守一派の陰謀に対し、愛刀来国俊をとって立ち上った--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。