日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あれが港の灯だ
アレガミナトノヒダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月26日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Pan-Chonpali  
上映時間
102分  

李ライン周辺に操業する漁夫の不安な生活を通じて、海をへだてた民族同士の悲劇を描いた「もず」の水木洋子の原作・脚本を、今井正が「白い崖」に次いで監督した。撮影は「弾丸大将」の飯村雅彦。

スタッフ

企画
岡田寿之吉野誠一市川喜一
原作
水木洋子
脚色
水木洋子
監督
今井正
撮影
飯村雅彦
音楽
林光
美術
下沢敬悟
照明
森沢淑明
録音
内田陽造
スチール
遠藤努
編集
長沢嘉樹

ストーリー

日野漁業の底曳き船第一日乃丸と従船第二日乃丸は、後藤漁撈長の指揮で李ライン周辺に操業したために怪船に攻撃を加えられた。第二日乃丸は拿捕され、逃げのびた第一日乃丸は銃弾を浴びて帰港した。日野漁業の女船主日野千代は、第一日乃丸を矢坂に売り渡し、解散を決めた。第二日乃丸の船長である長男一郎を奪われた漁撈長の家では、母きよ、嫁千鶴子が怒りと悲しみに泣く。千鶴子は一郎の子を宿していた。帰ってきた第一日乃丸の若い船員木村と茂樹を、美果子が迎えた。美果子は町で果物を売っている娘だ。木村はそこで小学校で一緒だった石田に会った。木村の顔はなぜかくもった。茂樹は木村を誘って町の女を買った。木村の傍に横になった女は、木村の生れを見抜いた。木村は日本人ではなかった。木村は彼の故郷がひくライン問題に、複雑な境地に追われていた。半月後、矢坂は第一日乃丸と第二矢坂丸を組ませ、出漁の準備にかかった。第二日乃丸逮捕とともに銃弾を受けて死んだ西岡甲板長の長男浩も仲間に入った。ライン内に突っこむ、漁撈長は心にそう決めていた。石田が美果子を誘って港へ出た。彼は突然美果子を抱いたが、彼女は拒んだ。「木村が好きなんじゃな」石田は木村の故国の秘密を知っていた。出航の前日、木村は漁撈長に自分の故国を告白した。皆、木村を明るい笑顔で囲んだ。船は出た。燈火管制の闇の中で突如争いが起った。漁夫松村が木村をスパイと罵ったからだ。松村は五年間の抑留のため、木村の故国を徹底的に憎んでいた。二度目の網が投げられた時、怪船が現われ矢坂丸を追った。網がペラにからんで、運転不能となった。ナイフをくわえた石田と茂樹が波間にとびこんだ。木村、続いて松村も。網はなかなか切れない。浩が制止をふりきって波間に消えた。網はペラから切り離された。が、浩が浮き上らない。木村は再びもぐって浩を救った。だが、この時怪船が第一日乃丸に接舷した。警備官が小銃を携えて一人日乃丸に飛び移った。その瞬間日乃丸のエンジンがかかって前進したが、再びストップした。警備官から奪った銃を抱いた石田は階段を駈け上った。彼らに続こうとした木村を、石田が突きとばし銃口を向けた。巡視船あまつが急行し、彼らを救助した。木村は流れ弾にあたり、同胞であるべき警備官たちの私刑をあびながら死んだ。怪船に曳航されている日乃丸を見守る漁夫たちは口々に木村を罵った。漁撈長だけが黙っていた。その背に、浩が「僕は一生船にのります」と決意をもらした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。