日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

江戸っ子肌
エドッコハダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月07日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

邦枝完二の原作を、「花かご道中」の結束信二が脚色し、「若き日の次郎長 東海の顔役」のマキノ雅弘が監督した橋蔵の娯楽時代劇。撮影は「花かご道中」の吉田貞次。

スタッフ

企画
杉井進
原作
邦枝完二
脚色
結束信二
監督
マキノ雅弘
撮影
吉田貞次
音楽
富永三郎
美術
鈴木孝俊
照明
中山治雄
録音
佐々木稔郎
スチル
高瀬和三郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

加賀鳶の小頭吉五郎は度胸と美貌で華やかに売り出していた。喧嘩もめ事仲裁で呑み代を稼ぐ貧乏御家人中原扇十郎の妹・芸者小いなは吉五郎に惚れていた。吉五郎はある夜、権力を笠にきる旗本向井佐太夫にさらわれた娘を助けたものの、は組の纏持ち次郎吉の嫁おもんと知って困惑した。加賀鳶とは組は互いに火消しでありながら犬猿の間柄であった。おもんを伴い菓子折り下げて現われた次郎吉と、素直に受取る吉五郎の胸と胸には、いつか温いものが通っていたようだ。おもんもまた組の意識を越えた吉五郎のさっぱりした態度にひかれていた。向井は旗本組の面目を保とうと吉五郎に呼び出しをかけてきた。単身向井の屋敷に出かけた吉五郎は、加賀百万石のお抱え火消しのため、斬られこそはしなかったが、体中に鞭の傷跡を残して帰って来た。涙ながらに介抱するおもん。時に聞える半鐘の音、吉五郎はは組のおもんの切火を受けて飛び出した。火事現場での一番纏はは組の次郎吉が振りかざした。その足許にまき起る火焔を消そうと竜吐水の筒先を握るのが加賀鳶の吉五郎だった。次郎吉にしてみればよその竜吐水のお蔭を蒙ったことはは組の恥、吉五郎に切火を打っては組の魂にケチをつけた妹おもんを義絶した。家を飛びだしたおもんは、向井の仲間にさらわれようとして扇十郎に救われた。おもんはこの時小いなを知った。加賀とは組の対立は、市村座の初日に爆発した。事の成り行きで吉五郎と次郎吉も殺気をはらんで対立したが、顔役の勘五郎の仲裁でおさまった。その手打ち式の席上で、おもんに気のあるは組の金太にからまれて座を飛び出した吉五郎を残った席で次郎吉はかばって立った。一方、向井は仲間の旗本と料亭に上がり、小いなにおもんの連れ出しを頼むが、その理不尽を強く諭されて逆上、小いなに一刀を浴びせかけた。それを知った吉五郎であったが、折からの半鐘の音に火事場に飛んだ。各組ひしめく現場は大混乱、物凄い火勢に後退する火消し達の中から加賀の纏を持って吉五郎が飛び込んだ。「火消し仁義を知っている者ア、町も屋敷もねえはずだ。吉五郎を殺すな」は組の次郎吉の一声では組の鳶がどっと続いた。「姐さん、ほら吉五郎さんが纏を振ってる。見えるかい……」遠く料亭の二階屋敷から、おもんは小いなを抱いて叫びつづけた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。