日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

処刑前夜
ショケイゼンヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

死刑囚の俳句から、北山河、北さとりが編著した同名ベストセラーの映画化。「少女」の共同脚色者・池田一朗の脚本を、「十六歳」の滝沢英輔が監督した。撮影は「大出世物語」の横山実。

スタッフ

企画
大塚和
脚本
池田一朗
監督
滝沢英輔
撮影
横山実
音楽
佐藤勝
美術
松山崇
照明
河野愛三
録音
米津次男
スチル
石川久宣

ストーリー

被告高村勇を死刑に処する--の澄江と妹の雪子は法廷で泣きくずれた。男は浪速拘置所に送られた。勇は独房でうなされた--酒屋の店員だった彼は交通事故の弁償金が払えず、思いあまって主人の金に手をつけ、目をさました主人夫婦を惨殺してしまった。他の囚人の処刑が彼を死の恐怖に突き落した。脱走、自殺に失敗した勇は、虚脱状態におちいった。拘置所には勇のほかに松林、金子、児玉の死刑囚がいた。春に金子が処刑された。三人とも意外に冷静だった。二審でも勇は死刑を宣告された。雪子の減刑歎願が始まった。その甲斐もなく最後の上告も却下された。児玉も処刑された。勇は死の恐怖と闘い、苦しみ抜いた末に、心の平静を得た。彼は俳句を習いはじめた。松林も処刑された。雪子は結婚をあきらめて差入れに通った。新しい死刑囚三平とともに、勇の死刑執行指令書が山際所長のところに届いた。雪子と澄江がお別れにきた。ともすると起る激情を押え、勇は二人に別れをいった。朝--彼は処刑室の仏前に坐った。最後の煙草を吸った。死にたくない! 勇の気持は動揺した。それも終った。目かくしをされた勇は看守に腕を取られながら絞首台に向った。--星流れ消えてしまいし果を追う

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。