日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

破れかぶれ
ヤブレカブレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月11日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
68分  

山田信夫と阿部桂一の共同脚本を、「狂熱の季節」の蔵原惟繕が監督したアクション・ドラマ。撮影担当は「美しき抵抗」の間宮義雄。

スタッフ

企画
久保圭之介
原案
山崎巌
脚本
山田信夫阿部桂一
監督
蔵原惟繕
撮影
間宮義雄
音楽
佐藤勝
美術
千葉一彦
照明
吉田一夫
録音
八木多木之助
編集
鈴木晄
スチル
斎藤耕一

ストーリー

師走の街を光夫と次郎のオートバイが疾走していく。着いた所は東西興業事務所。光夫は外国船の入港を知らせた。社長の長岡は兄貴分の辰や子分の政、健、ロクらに女を集めろといった。出し抜かれた次郎はくやしがった。光夫はバー・パンチョスのマダムで年上の女加代と同棲していた。光夫の望みはアルゼンチンに行くことだった。ある日、光夫は辰の金を使いこんでしまった。辰に追いかけられ、借りたオートバイを押しつけた。そんな光夫に、加代は生命保険を内緒でかけていた。感動した光夫は翌日から猛ぜんと働いた。光夫は加代に贈るセーター代をモデルのハルミに借りにいった。ハルミが断ったので光夫は二十五万円分のドル紙弊を盗んで逃げた。オートバイの一件がばれ、加代はあり金を辰のところへとどけた。長岡はハルミの旦那工藤への返金など五十万円払えといった。加代は酒をあおった。バーテンの木島が彼女に同情した。辰にみつかった光夫はリンチを受けた。金を返さぬと命がないと。加代は彼女に言い寄る宮本に体を代償に金を借りる約束をした。店に残った光夫のところへ次郎がやってきた。その時、加代から金が出来たと電話があった。電話を取った次郎は金が出来なかったと光夫に伝えた。光夫はナイフをふところにして街に出た。木島から連絡をうけた加代は光夫の後を追った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。