日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

誰よりも金を愛す
ダレヨリモカネヲアイス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月02日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「サラリーマン忠臣蔵」の笠原良三の脚本を「殴り込み女社長」の斎藤寅次郎が監督した喜劇。撮影は「蛇精の淫」の平野好美。

スタッフ

企画
柴田万三
脚本
笠原良三
監督
斎藤寅次郎
撮影
平野好美
音楽
宅孝二
美術
朝生治男
照明
秋山清幸
録音
沢田一郎

ストーリー

唄で有名な小原庄助さんの十八代目庄助は、億万長者の夢実現に会津磐梯山を後にして兜町の「億万証券」に就職した。庄助は、早寝・早起・貰い湯・貰い酒と初代庄助の格言を実行、十年たっても一向に芽が出なかった。庄助の血と涙の苦闘を天上からみていた初代庄助は、下界に姿を現わして株の相談にのりだした。かくて庄助の投資相談は百発百中。彼は営業部長に栄進した。一方、顧客はとられ恋も忘れ去られたミツ子は庄助に仕返しすべくその時期を持っていた。折も折、庄助は車にはねられて長期間の入院と決定。顧客はミツ子に奪われてしまった。或る日、看護婦から「キ印」呼ばわりされているハーフのキューリが救いを求めて来た。キューリは交通地獄を解消するための脳波ブレーキを研究していたため精神患者と間違えられている身だった。庄助はキューリが大いに気に入り全財産を研究に投げ出した。キューリが酒飲みで好色な男であることを知っている、初代庄助は怒って天上へ戻ってしまった。しかし、それを知った二代目から十七代目の庄助の幽霊は、十八代目を助けようと一斉に立ち上った。そして、研究費をガブ飲みして女と遊び廻っているキューリを研究室に追いやり自分達がその酒を飲んでいた。初代庄助も力を貸すことになった。初代庄助は軍需株の買いを庄助にすすめた。億万証券は大きくなるが、売りに廻ったミツ子は破産してしまった。庄助の喜びも束の間、東西両巨頭会談は円満に話し合いがついたため億万証券は破産してしまった。元のモクアミになった庄助は、初めてミツ子の愛情に眼ざめるのだった。その頃、キューリの世紀の大発明「脳波ブレーキ」が完成した。庄助は一躍念願の億万長者に出世した。そしてミツ子と共に会津へと錦を飾るのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。