日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悪の華(1961)
アクノハナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月22日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Incidental Murders  
上映時間
82分  

「予科練物語 紺碧の空遠く」の井上和男が、自らの脚本を監督したアクション編。撮影は堂脇博が担当した。

スタッフ

製作
佐々木孟
脚本
井上和男
監督
井上和男
撮影
堂脇博
音楽
池田正義
美術
芳野尹孝
照明
飯島博
録音
吉田庄太郎
スチール
長谷川宗平
編集
浜村義康

ストーリー

新興財閥の一人娘曽我多鶴子と彼女の婚約者三村は野球見物の帰途、ちんぴらの夜来香の辰、三公、紋三郎爺の一味に襲われた。三村は抵抗したため、三公に殺されてしまった。辰たちは、多鶴子を誘拐して身代金をゆすることを計画した。裏で犯罪者をかくまっているバーのマダム澄江を訪れた辰は、彼女から軽井沢にある源次の小屋に行くよう勧められた。辰は多鶴子を連れて軽井沢に隠れた。澄江は、愛人の上坂とその弟タカシに辰たちの計画を横取りするようにそそのかした。軽井沢に出かけた上坂兄弟は、犯行現場に残した遺留品から足がつきそうになっている紋三郎爺を殺し、坂たちと手を組んだ。上坂たちは身代全一千万円を手に入れた。金の配分の時、辰と三公はタカシに殺されてしまった。多鶴子を連れた兄弟は、神戸でキャバレー“ブルーヘブン”を経営する上坂の戦友波止場の銀の許へとんだ。指紋を検出した警察は、辰・三公・紋三郎に対して指名手配の令状を出すと同時に辰の情婦メリー松山に尾行をつけた。メリーは源次の口から彼らが神戸に行ったことを聞かされ後を追った。澄江も、刑事も神戸へと集った。澄江は上坂に東京へ帰り一緒に暮すように哀願したが、上坂は受けつけなかった。メリーはアパートに上坂を誘い、辰の行方を聞きだそうとした。上坂は、翌朝メリーが刑事に任意出頭を求められたのをみて慌てた。上坂は澄江を殺し、ついで多鶴子も殺そうとした。しかし、タカシがピストルを構えた。彼は多鶴子を恋していたのだ。警察は辰たちの死体を掘り出し、上坂兄弟の緊急手配を発した。ガソリンが切れ車を捨てた上坂兄弟は、多鶴子を引きずるように山腹を登り始めた。上坂はピストルを彼女に向けたが、一瞬はやくタカシのピストルが火を噴き、上坂は死んだ。タカシも追いつめられ、やがて、谷底深く絶叫をこだませながら落ちていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。