日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

金づくり無法時代
カネヅクリムホウジダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年05月09日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

菊島隆三のテレビ・ドラマ「人間動物園」の映画化で、原作者が脚色し、「筑豊のこどもたち」の内川清一郎が監督した。撮影は「若い狼」の逢沢譲。

スタッフ

製作
角田健一郎
原作
菊島隆三
脚色
菊島隆三
監督
内川清一郎
撮影
逢沢譲
音楽
浜口庫之助
美術
狩野健
照明
森康
録音
原島俊男

ストーリー

東京の郊外、西南急行沿線、双見ケ丘に住む平野、渡辺、西山、須藤、金光の五家族は一年後の立退きをめぐって大騒ぎ。今日もデパートで開催中の月賦住宅の宣伝員市川の説明を熱心に聞いていた。意見がまとまらぬうちに、平野の長男一郎はプロ野球の採用試験に、妹のせつ子は金持ち青年青江英介とデートに行ってしまった。父親の宗太郎は一郎がパイレーツと無断で契約したので大ムクレ。西山家の老人夫婦は三十万円の貯金で伊豆の養老院に入るといい、養子の忠次は素行が悪く隣の時子の経営するバーに入りびたりだった。時子の弟哲夫は真面目な青年で、デパートに務める宗太郎娘せつ子が好きだが、彼女は金持でないとダメだという。須藤は教員夫婦で、金光は五人の女の子供を持つやもめ。ある日、双見ケ丘に不動産ブローカー虻田が現われた。平野は彼から双見ケ丘の地価は二万円だといわれた。が、地主は千円で買ってくれという。これを知った五軒の家は土地を買うことにして、金策に懸命になった。もうけ話に五軒の家では喧嘩騒ぎまで起しかねないありさま。待望の登記の日、ところが土地は英介の父、西南急行社長青江甚三郎がすでに買いとっていることがわかった。彼は五軒の人々を独特の弁ぜつで煙にまき、双見ケ丘の代替地を提供することで話をつけた。土地を見に行った人たちに、青江社長が奇禍に会い急死した知らせがきた。どうしていいかわからず呆然としている平野、渡辺、西山……、そばでは子供たちが無心に遊んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。