日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

腕まくり七色娘
ウデマクリナナイロムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年05月17日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
61分  

「花ざかり七色娘」につづく、ずべ公シリーズの第四作。スタッフは前作と同じ顔ぶれ。

スタッフ

企画
秋田亨
原作
高崎三郎緑川士郎
脚色
大和久守正
監督
日高繁明
撮影
高梨昇
音楽
石松晃
美術
藤田博
照明
城田昌貞
録音
岸勇
編集
田中修

ストーリー

留置場に入れられていた京子アキ子、ミツ子以下のずべ公「紫団」の連中の、身許引受人として受出してくれたのは早川綜合娯楽センターの社長早川重五郎であった。早川は自分の経営する仕事に彼女達を働かせた。彼女達のよい相談相手である刑事三田と、今は更生して運送店に働いている健二は彼女達のために喜んだ。処が或る日、ゆかりをリーダーとする一連のズべ公グループ「ファンキー」に喧嘩を売られた京子達は、又々大喧嘩をはじめるが健二の仲裁で仲直り、ゆかりたちも京子たちといっしょになって働くことになった。これを知ったお好み焼を営むお艶までが仲間に入ってきた。彼女等は心身をきたえようと夜は柔道に精進した。ある日健二は、身投げ女君子を救った。君子は早川の息子八郎の子を宿していた。これを聞いた京子たちは、早川のところにのりこんだ。その時、社長室から聞こえてくる話声を聞いて京子は愕然とした。それは刑事北村を買収した早川が秘密クラブを作り、京子達ズべ公グループを客寄せに使おうということだった。慌てて引き返そうとした京子達は、早川の用心棒にみつかり地下室に監禁された。だが、北村刑事は早川に買収されているのではなかった。早川の悪事の証拠を握った北村は、警官隊を指揮して早川一味を捕えた。京子達は無事救い出された。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。