日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の画集
コイノガシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年06月21日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

佐野洋の原作を、野村芳太郎と「ゼロの焦点」の山田洋次が共同で脚色、「ゼロの焦点」の野村芳太郎が監督した喜劇。「図々しい奴(1961)」の川又昂が撮影した。

スタッフ

製作
保住一之助
原作
佐野洋
脚色
野村芳太郎山田洋次
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
池田正義
美術
宇野耕司
照明
佐藤勇
録音
栗田周十郎
スチル
佐藤不二於
編集
浜村義康

ストーリー

ノーブル化粧品のセールスマン泰二は、恋人の登美江との結婚資金に悩んでいた。列車の中で、筋向いの席に坐った中年の男とBG風の女の寄り添った寝姿を、いたずら心からカメラに収めた。その男は、偶然にも登美江の勤める官庁の課長相沢であった。登美江は、子供が出来たから早く式を挙げてほしいという。相沢の許に例の写真が送られてきた。電話がかかり、写真を買ってくれと要求した。もちろん泰二である。電話をかけた後、泰二は相沢家を訪れた。常子夫人に相沢らしい人物の浮気話をし、女は妊娠し処置に困っていると話した。常子夫人は夫の身辺をさぐろうと秘書の登美江を食事に誘った。登美江が吐気を催したので、彼女を夫の愛人と勘ちがいした。泰二は、相沢に指定の喫茶店の私書箱に五万円入れておくよう電話した。相沢は弁護士の森原を介して金を渡したが、森原は金を着服、しばらく待ってくれという紙片を私書箱に入れた。常子夫人が泰二のアパートを訪れた。登美江のお腹の子を夫の仕業と思って二十万円を出して解決を頼んできたのだ。その夜、相沢家ではハデな夫婦喧嘩が起った。その結果、登美江が相沢の女でないことを知り、二十万円を取戻してほしいと、夫人は相沢に頼んだ。森原が泰二をおどし、ネガと二十万円を持去った。結局、相沢は泰二と登美江の仲人を引受け、泰二は相沢の浮気を口外しない約束で、事は解決した。泰二と登美江は新婚旅行へ旅立った。登美子の妊娠はまちがいだった。相沢は浮気を再開しようとしたが、相手の千加子は結婚するといって会社を辞めてしまった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。