日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

金も命もいらないぜ
カネモイノチモイラナイゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年07月08日 
製作会社
ニュー東映東京 
配給会社
ニュー東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「アマゾン無宿 世紀の大魔王」の松浦健郎が自らの原作を脚色し、「若い涙を吹きとばせ」の小林恒夫が監督したアクションもの。「天下の快男児 旋風太郎」の三村明が撮影した。

スタッフ

企画
植木照男
原作
松浦健郎
脚色
松浦健郎
監督
小林恒夫
撮影
三村明
音楽
木下忠司
美術
中島敏夫
照明
桑名史郎
録音
鳥巣隆
スチール
遠藤努
編集
田中修

ストーリー

篠原丈次は愛用のオートバイに乗って、桂木鉱山の技師で恩人の植村を訪ねた。鉱山に向う途中、サブという男が現われ、丈次にスピード・レースを挑み、おまけに、拳銃を出して射撃競争までやった。勝負は丈次に軍配が上った。桂木鉱山は火が消えたようにさびれていた。管理人の宇野老人と、子供の秋子、健一はその原因を丈次に語った。--三年前、社長桂木と植村は車の運転を誤り、崖下に転落して死んだ。それがきっかけで鉱山は没落した。従業員の一人、大館は桂木の弟源三をそそのかし、自分の鉱山拡張に懸命だった。丈次はなにかあると感づいた。老人の話が終った時、大館の配下辰たちが殴りこみをかけて来た。丈次にかなわぬとみた辰は拳銃を抜いた。それを脇からはたき落したのは、意外にもサブだった。彼は大館の弟だった。桂木の一人娘道子が、三年のアメリカ留学を終えて帰国した。大館は魔手を桂木鉱山と道子に延ばした。まず手始めに、イカサマ賭博に源三をひっかけ、七百万円の借金をこさえさした。借金のカタに大館は鉱山の権利書を要求した。源三はしかたなく、老人の目を盗んで大館に渡した。が、その後大館に崖から突落され、重傷を負いいっさいの記憶を失ってしまった。怒った丈次は大館の経営するキャバレー“ドリーム”に乗りこんだ。そこには拳銃が待っていた。丈次を心配して駆けつけた道子を、大館がさらって逃げた。丈次が追跡し、二人は断崖を背に対決した。卑怯にも大館はまた逃走を企てた。それを後をつけていたサブが捕え、警察に引渡した。男同士の友情は、丈次とサブを親友にした。晴れた山間の道を、丈次のオートバイが下って行く。道子や秋子たちが、いつまでもそれを見送った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。