日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

闘いつづける男
タタカイツヅケルオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年07月23日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Never Admit Defeat  
上映時間
77分  

小野田勇の原作を、滝口速太と西河克己が脚色し、「有難や節 あゝ有難や有難や」の西河克己が監督したボクシング映画。「都会の空の非常線」の横山実が撮影した。

スタッフ

企画
坂上静翁
原作
小野田勇
脚色
滝口速太西河克己
監督
西河克己
撮影
横山実
音楽
池田正義
美術
中村公彦
照明
河野愛三
録音
米津次男
スチル
斎藤勘一
編集
鈴木晄

ストーリー

鞍馬拳の会長鞍馬正人は、四回戦ボーイの由良二郎を未来のチャンピオンにしようと夢みていた。二郎はデビュー試合をKO勝ちで飾った。その二郎の素質をみこんだのが川路美緒となのる女性であった。美緒は元××級のチャンピオンで、現在プロモーターをしている川路修吉の妹である。美緒は、二郎を育てるのは城木喬以外にはないと、城木を捜し廻った。城木は未来の世界チャンピオンと嘱望されていながら、どうしたわけか修吉にKO負けをして以来、ボクシング界から姿を消した男だ。その城木は安酒場をてんてんと、飲んだくれの生活を送っていた。しかし、美緒の根気と、二郎の素質を知った城木は、二郎を育てることを約束した。城木の好指導に二郎はめきめき腕をあげていった。二郎は、ある試合の祝賀会の席上で修吉が連れて来た江見克彦を知った。大学のKOキングと騒がれプロ入りした江見はごう慢そのものだった。それに反撥を感じる二郎、この時から二人は宿命的なライバル意識を持つようになった。そば屋に働きながらトレーニングに励む二郎を、密かに慕う鞍馬の娘涼子はいつも二郎の身を案じていた。一方、江見は恋人朱実をじゃけんに扱いながら順調に勝ち進んでいった。やがて二郎と江見の東洋チャンピオンを賭けた試合が行われることになった。この機会を狙って悪徳プロモーター大沢が現われた。城木は、いまは亡き妻の手術費のため大沢に買収されてわざと修吉に負けたのだった。大沢は、二百万円を貸してある鞍馬を通して八百長をやれと脅迫してきた。だが、その二百万円は美緒が払うことになった。窮した大沢は涼子を誘拐して八百長を迫った。やがて選手権試合の日、涼子の身を案じる二郎は江見に圧倒され通しだった。ラウンドも半ばを過ぎた頃、セコンドの城木は涼子救出のためリングサイドから姿を消した。それを知った二郎は、全力をあげて戦った。最終回、二郎の豹のような鋭いパンチは、江見のアゴに炸裂、江見はマットにくずれた。大沢一味も城木の活躍によって逮捕された。世界チャンピオンをめざす二郎の上に、城木と美緒の温かい目があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。