日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤い荒野
アカイコウヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年07月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Crimson Plains  
上映時間
85分  

山崎巌・安東穂夫の共同脚本を、「三つの竜の刺青」の野口博志が監督したアクション・ドラマ。撮影も「三つの竜の刺青」の永塚一栄。

スタッフ

企画
久保圭之介
原案
阿部祐二
脚本
山崎巌安東穂夫
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
小杉太一郎
美術
小池一美
照明
森年男
録音
中村敏夫
スチール
井本俊康
編集
辻井正則

ストーリー

中国地方の高原にある矢崎牧場に七年振りでジョーが帰ってきた。矢崎牧場では、夫の帰りを待ちわびる咲江と一粒種の修が待っていた。かつて不良だったジョーと矢崎を更生させたのが咲江の父親だった。ジョーは咲江を親友の矢崎にゆずって身を引いたのだった。矢崎は無理な拡張事業がたたって多額の借金をしていた。東京に行ったのも落札した種牛を一日も早く牧場に連れ帰りそれを担保にするためだった。牧場乗取りを企む町の小池組は、矢崎牧場の負債を肩代りし牧場の明け渡しを迫っていた。そんなところにジョーがやってきたのだ。小池組の厭がらせに牛と咲江、修を連れて隣の牧場に移動したジョーは、牧場主の奥井を小池から助けたため、牧場に世話になることになった。奥井の娘和子も何かと面倒をみてくれた。一方、小池組に、ジョーと矢崎に十年前の恨みをはらそうと殺し屋の瀬川が流れてきた。その瀬川は、一日遅れて牧場に帰る矢崎を谷底に射ち落した。ジョーは矢崎牧場の追いたてを待ってもらうため、直接小池の経営するキャバレー“ブラック”に乗り込んだ。話はまとまらなかった。帰りがけ、地下の賭博で儲けた金で、ジョーは奥井から百坪の土地を借りた。小池組はあらゆる手で、奥井牧場を乗っ取ろうとしたが、牧場の片隅、百坪に頑張るジョーがいるため手がでなかった。小池の黒幕松村は、小池がなかなか土地を手に入れないのに業を煮やして東京からやって来た。殺し屋の瀬川を使ってジョーを消せというのである。小池はジョーに決闘状をつきつけた。明けゆく牧場の真中で小池組は罠をはってジョーを待った。ジョーの怒りの拳銃が火を吐いた。だが、多勢に無勢である。ジョーはしだいに追いつめられていった。その時、銃を片手に矢崎が現われた。形勢は一変した。--全く平和になった山岳地帯をそっとジョーは抜け出していった。気がついた和子が追いかけたが、ジョーは笑って「また逢おうぜ」という言葉を残して消えていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。