日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の七色御殿
ハタモトタイクツオトコナゾノナナイロゴテン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年08月01日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

佐々木味津三の原作を、「霧丸霧がくれ」のコンビ結束信二が脚色し、佐々木康が監督したおなじみの時代劇。撮影は「剣豪天狗まつり」の伊藤武夫。

スタッフ

企画
坂巻辰男田口直也
原作
佐々木味津三
脚色
結束信二
監督
佐々木康
撮影
伊藤武夫
音楽
阿部皓哉
美術
吉村晟
照明
田辺憲一
録音
墨関治
スチル
吉田晴光
編集
宮本信太郎

ストーリー

二十年前、将軍家次男の義丸君が伊豆の月照官にあずけられて以来、月照宮は葵の宮と呼ばれていた。まもなく、将軍家嫡男鶴丸君が二十年ぶりに義丸君と兄弟の対面のため月照宮入りすることになった。そんなある夜、宮に仕える七人の巫子のうち真弓という娘が、何者かに暗殺されるという事件が起った。これを目撃した娘芸人の千鳥と小百合も危うく殺されようとしたが、この時黒覆面の刺客の顔面へ扇がとんだ。退屈男早乙女主水之介の登場だ。黒覆面は闇の中へ姿を消した。主水之介は、将軍家の御典医だった了庵を訪ね、彼と娘の千草から土地の様子を聞いた。一方、葵の宮では六人の巫子たちが恐怖におののいていた。彼女らも真弓とともに宝物殿にあった古文書の記録を盗み見していたからだ。主水之介が宝物殿の拝観を申し出た。巫子の一人月江が、彼に何事かを告げようとしたが、主水之介の面前で首筋を射抜かれて殺された。その夜、主水之介は殺された真弓の実家をたずね、葵の宮の義丸君が七人の巫子たちをなぐさみものにしていること、そして葵の宮から抜けるたたりの大鍾乳洞のことを聞きだした。翌日、主水之介は葵の宮の裏山へ狩に出かけた。目的は、その裏山から殺された月江を弓で狙えるかどうかを調べるためだった。この裏山で、弓を手にした若者と出会った。月江の兄民吉だった。民吉から、大宮司の宗像に義丸君と同じ年頃の子があったことを聞いた。その帰途、また巫子春枝の死体を見つけた。宿に帰った主水之介は、千草の訪問を受け、了庵に会いに出かけるが、すでに死体となっていた。その手には一枚の紙片が握られていた--。将軍家嫡男鶴丸君代参の日。鶴丸君の駕篭がおろされた一瞬、十数本の矢が突きささった。しかし、悠然と姿を現わしたのは主水之介だった。彼は、義丸君には右肩にアザがあり、目の前にいる義丸君は偽物だと言った。片肌脱いだ右肩にはアザがあったが、水をかけると流れた。義丸君こそ実は宗像の息子寛次郎だった。退屈男、久方ぶりの剣が一味を破った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。