日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

猫と鰹節 ある詐話師の物語
ネコトカツオブシアルサワシノモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

佐川桓彦の『東京駅』を原作に「白い南風」の沢村勉と新人の東善六が脚本を書き、「別れて生きるときも」の堀川弘通が監督した“詐話師”をめぐる喜劇。撮影は「ガンパー課長」の完倉泰一。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
藤本真澄菅英久
原作
佐川桓彦
脚色
沢村勉東善六
監督
堀川弘通
撮影
完倉泰一
音楽
黛敏郎
美術
河東安英
照明
金子光男
録音
藤好昌生
スチル
山崎淳

ストーリー

白神善六の職業は詐話師である。鰹節を狙う猫、つまり大詐欺師である。仲間は、オッチョコチョイで女に弱い赤バッチ。仏頂面の玉子どうふ。爆弾の留。トランプの名人で運転手のポチの四人である。商売道具はマッチ棒、トランプ、碁石、それに“ドサ”という表と裏だけが本物の札束でカモはまとまった金を持っていてその上さらに金をほしがっている人である。例えば、章子という美人マダムは四百万円ヘソクリ、さらに売りにでている九百五十万円のバーがほしいという。我々の行動が始まった。インチキバッチで虎の子の四百万円は一瞬にして善六たちのものとなった。だが後が悪い、悪銭身につかずである。赤バッチは貸衣装屋の市枝という女がいながら、鼻の下を伸ばし水着サロンの女給加奈美と最高級ホテルにしけこみすっかりオケラになってしまい、玉子どうふは、昔騙しとった熊田に追われ、通天閣から飛び降りて死んでしまった。玉子どうふの一人娘こずえはヌードモデルで、母の残した借金に泣いていた。そんなところへ章子が善六の隠家にのりこんできた。いろいろと話合った結果、章子の提案でオール関西の詐話師をかつぐことになった。詐話師合同葬「佐和紙業KK社長告別式」は盛大に行われた。追善会はカモで一杯になった。善六たちは八面六臂の大活躍である。市枝、加奈美たちまで加わってドサ作りに大童。ところが善六と赤バッチの浮気に怒った京子と砂子が警察に密告した。仲間は一網打尽。善六はアンマに化け章子に手を引かれながら脱出した。そして善六はこずえに金を届けに行った。だが、そのこずえは玉子どうふの娘とは真赤な嘘ッ八でポチとグルであった。善六はがっかりである。そこへ、章子が善六とはもう離れられないと飛びこんで来た。女の怖さをしったばかりの善六は泣き笑いで章子を迎えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。