日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

DRIVE
ドライブ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

前作「MONDAY」でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、一躍世界の注目の的となったSABU監督の第5作目。出演は、SABU映画常連の堤真一、大杉漣、寺島進、安藤政信に加え、柴咲コウ、筧利夫。

スタッフ

プロデューサー
久保田修平野隆
撮影
佐藤和人
照明
大坂章夫
アートディレクター
丸尾知行
サウンドディレクター
山方浩
Coエキサイティブプロデューサー
高橋俊博古川一博麓一志辻畑秀生
エキサイティブプロデューサー
樫野孝人谷徳彦坂上直行
監督
SABU
原作
SABU

ストーリー

薬品会社の営業マン・朝倉(堤真一)は、いつものように外回りのライトバンの中で赤信号を待っていた。そして、午後1時きっかりにこの交差点に現れる名前も知らないOL(柴咲コウ)のことも待っていた。午後1時。彼女に見とれて思わず微笑む朝倉。その瞬間黒塗りの車が脇を通り抜けたかと思うと、朝倉の車に黒マスクをした3人の男(大杉漣、寺島進、安藤政信)が飛び込んできた。「おいっ、あの車を追え!」。凄む男たちに言われるままに走り出すが、朝倉は神経質で制限速度ピッタリでしか走れない男だった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。