日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

献身
ケンシン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年10月29日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Her Devotion  
上映時間
94分  

読売新聞連載の丹羽文雄の同名小説を、「熱愛者」の新藤兼人が脚色。「雑婚時代」の田中重雄が監督した文芸メロドラマ。撮影は同じコンビの高橋通夫。

スタッフ

企画
川崎治雄原田光夫
原作
丹羽文雄
脚色
新藤兼人
監督
田中重雄
撮影
高橋通夫
音楽
木下忠司
美術
後藤岱二郎
照明
田熊源太郎
録音
橋本国雄

ストーリー

東京へ向う上り特急の中で、柏木啓は瀬川朝子を知った。朝子の美しさは深く柏木の心を打った。柏木にとって朝子との二度目の邂逅は思いがけないことから始った。柏木の先代が恩義を受けたという一条家の当主、一条英信の身柄を頼みに来たのが朝子だった。英信は麻薬取扱いの容疑で拘置され、朝子はその妾だった。英信には、その他、故郷には妻と妾の房子がいた。東京での朝子は、朝明というバーを経営していた。柏木は、他目から見れば無償とも思える愛情を英信にひたむきに傾ける朝子を知って、彼女に愛情を感じるようになった。彼は朝明にも現れて、朝子への激しい愛情を告白した。英信の麻薬容疑は幸いに、執行猶予となったものの、刑事事件に関りあったことを却って自分の強みにもして、新しいブロック工場建設の責任者という地位を獲得した。新工場は東京にあり、新しい地位は房子の世話であった。妻子を先に上京させた英信は、房子と熱海ですごし朝子のアパートに現れた。房子とのことを知った朝子は、英信と訣別、アパートを変えた。そんな朝子に柏木は益々惹かれていった。東京に出た英信はまた事件を起した。今度は背任横領の疑いである。この事件は柏木が担当することになった。英信の常套手段で、工場を任されたらそれを乗取るという背任行為をやってのけたのだ。取調室に対峙した二人の間に、始めて朝子の名前がのぼった。「朝子にどっちかを選ばせろ」平然と云ってのける英信に、柏木は朝子への求婚の決意を固めた。英信が上京してから世話している芸者喜久奈の訪問を受けた朝子は、その晩、英信に箱根へ誘われ一緒に出かけた。東京では、求婚に朝子のアパートに現れた柏木がそれを知った。そして三面鏡に口紅で“あなたは新しい女なのか古い女なのか”と書き残して去っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。