日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野獣の門
ヤジュウノモン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年11月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

山村正夫の原作を「都会の空の非常線」の小川英が脚色。「兇悪の波止場」の古川卓巳が監督したアクションもの。撮影は「峠を渡る若い風」の伊佐山三郎。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
山村正夫
脚色
小川英
監督
古川卓巳
撮影
伊佐山三郎
音楽
佐藤勝
美術
松井敏行
照明
高島正博
録音
太田六敏
スチル
石川宣元
編集
辻井正則

ストーリー

都内に連続殺人事件が起り巨額の金が強奪された。証拠を残さぬ巧妙な手口に、捜査は難航した。神永五郎は指令者以外は誰も知らない潜行秘密捜査官に任命された。三つの手掛り、殺人に使用された弾丸が未輸入のもの、奪われた一万円札八百枚が続き番号、殺された経理課長の情婦夏子が事件と同時に行方不明--から狙いをつけたのが暴力団郷田組の経営するクラブで以前夏子のいた“シャトー”だった。そこで郷田の乾分三木を知りその言葉尻から、郷田の経営するゴルフクラブの事務員ユカリに近づいた。その夜神永は郷田組のチンピラに襲われ、乱闘の末パトカーに逮捕された。釈放された神永は外国人に高級ホテルへ連れて行かれたが郷田、三木、用心棒周、情婦ユカリを従えたボス李が待っていた。保釈金は李が積んだのだった。李は神永の腕を試して用心棒になってくれと頼んだ。彼らはゴルフクラブに来る客を物色しカモにした。明和銀行支店長野崎は一人娘洋子の生命を楯に金庫破りを強制されていた。神永が郷田を尾行すると彼は女と安ホテルに入った。失踪した夏子だった。夏子は郷田の情婦だったが課長殺しに利用された後騙されて売られたのだ。それをきいた郷田は激怒し李に拳銃を構えたが、逆に滅多打にされた。神永は郷田を地下に監禁しに行く途中わざと逃がした。銀行襲撃の時が迫った。突如ユカリが神永に四千万円隠してある貸金庫の鍵を渡して一緒に逃げてくれと頼んだ。李は香水の残香からユカリの仕業と判断、二人が一緒にいたときいて周に後を追えと命じた。ユカリの報で警官隊が銀行に着いた時一味は札束を奪い野崎を拉致して逃走した後だった。草原にある李の隠れ家の地下室では神永と野崎が標的にされていた。棺桶が二つ運ばれた。そこから復讐に燃えた郷田が躍り出、神永の手にいつか握られた小型の拳銃が李の心臓に向けられた。パトカーのサイレンが近づいた時李は観念した。夜露を踏み去って行く神永の背に、闇より濃い孤独の影が舞い降りた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。