日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ベビーギャングとお姐ちゃん
ベビーギャングトオネエチャン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年12月09日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

前作「アッちゃんのベビーギャング」のスタッフと同じ。

スタッフ

製作
藤本真澄
原作
岡部冬彦
脚色
井手俊郎
監督
杉江敏男
撮影
鈴木斌
音楽
神津善行
美術
村木忍
照明
西川鶴三
録音
斎藤昭
スチル
荒木五一

ストーリー

アッちゃんの家の近くのアパートに、恐ろしく威勢のいいお姐ちゃん達が引越して来た。絵かきの卵で子供のマンガをかくパンチ。ナイトクラブでアルバイトをしている踊りの好きなセンチ。ピストルを沢山持っているチャームスクールの生徒ピンチ、の三人だ。お姐ちゃん達は、隣りのイカス大学生五郎君にもうポーときちゃってる。五郎君はパパの後輩だ。スゴイ近眼の青山君の部屋に居候している。そして住込みのアルバイトを探していた。ママは向いの専務さんの息子洋介君の家庭教師に世話した。五郎君はスポーツならなんでもというタクマシイ青年だ。さすが勉強嫌いの洋介君も、五郎君の気合術に腰を抜かし、大人しく勉強することになった。お姐ちゃん達は、専務さんの家に移った五郎君のところに電話でジャンジャン、デイトの申込みだ。ピンチお姐ちゃんは、ご自慢のスポーツカーでドライブに誘い。センチお姐ちゃんは、プールへ引張り出して水着姿で誘惑。パンチお姐ちゃんは、パパとママが五郎君にお留守番を頼んだ、僕んちへおしかけて新婚気取り。だけど、いつも僕とソメコちゃんが割りこんで五郎君を助けてやるんだ。お姐ちゃん達は口惜しくてしょうがない。たまたま、五郎君とママがデパートや音楽喫茶で一緒なのを発見したからたまらない。お姐ちゃん達は、パパに告げ口して誘惑しようとした。口紅のついたハンケチがでてきたから大変だ。とうとう夫婦喧嘩になっちゃった。五郎君は怒ってアパートに抗議に行った。だが、可愛さ余って憎さが百倍のお姐ちゃん達に、コテンパンにノサれてしまった。それから数日して--。五郎君がアメリカ留学生試験にパスした。これで、お姐ちゃん達の恋のタイトルマッチはおあづけとなった。しばらくは平和になりそうです。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。