日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大学武勇伝
ダイガクブユウデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月15日 
製作会社
第二東映東京映画 
配給会社
ニュー東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「大江戸喧嘩まつり」の共同執筆者・大和久守正のオリジナルシナリオを「不敵なる脱出」の相野田悟が監督した青春編。撮影は「特ダネ三十時間 笑う誘拐魔 曲り角の女」の佐藤三郎。

スタッフ

企画
秋田亨
脚本
大和久守正
監督
相野田悟
撮影
佐藤三郎
音楽
小沢秀夫
美術
荒木友道
照明
銀屋謙蔵
録音
矢島一隆
スチール
遠藤努
編集
田中修

ストーリー

アメリカン・フットボールの選手で郡司組社長の御曹子郡司常之進の周囲は、女性ファンがひしめき合っていた。中でも軽食堂の光子、アプレ芸者の金魚・お鯉・鮒子達は熱烈なるファンである。常之進は父一人子一人の二人暮らしで、父の常五郎は根っからの昔気質の土建業者、大の頑固者である。だが光子の姉で踊りの師匠をしている島子に老いらくの恋をしている。常五郎と島子の間では、常之進と光子の将来の約束がされていた。だが当人同士は好きあっていながら寄るとさわると喧嘩ばかりしていた。常之進は、アメラクの甲府遠征資金集めに大わらわ。父常五郎はスポーツに理解なく取りつくしまもない。万策つきた常之進は、主将の熊太郎と組んで週刊誌のトップ屋というアルバイト口を見つけ、大都会の黒点というテーマにより盛り場に巣食う愚連隊の生態を探った。そして中浜組が、ファンキーの鉄の先導により愚連隊を使って密輸をやっていることを知った。その記事が週刊誌に載り中浜組の信用はガタ落ちとなった。中浜組は殺し屋マンモスの竜をさし向け常五郎を刺させるという暴挙に出た。アメラクの遠征で甲府にいた常之進はこれを聞いて帰京した。その時は、いきり立った郡司組の留吉達が中浜組に果し状をつきつけて晴海埠頭へ出かけた後だった。常之進は父の秘書山川を連れて中浜組にかけつけた。卑劣な中浜組は、マンモスの竜に常之進を狙わせた。山川の捨て身の体当りで、竜の拳銃は空しく外れた。中浜組と常之進、山川の死闘がくりひろげられた時、光子の急報によって警官隊がとびこんできた。中浜組は根こそぎ逮捕された。常之進は息つくひまもなく光子と共に甲府に帰った。常之進の働きで城南大学は試合に勝つことができた。そこには、嬉しそうな光子の顔があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。