日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

別れて生きるときも
ワカレテイキルトキモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年04月04日 
製作会社
東宝映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Eternity of Love  
上映時間
100分  

田宮虎彦の『愛憎について』を、松山善三・井手俊郎・堀川弘通の三人で脚色し、「青い野獣」の堀川弘通が監督した女性映画。「南の風と波」の中井朝一が撮影した。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
藤本真澄菅英久
原作
田宮虎彦
脚色
松山善三井手俊郎堀川弘通
監督
堀川弘通
撮影
中井朝一
音楽
芥川也寸志
美術
中古智
照明
隠田紀一
録音
伴利也
スチル
山崎淳

ストーリー

美智の父は前科を重ねた詐欺常習の鉱山師で、堀り出しもしない金を餌に、他人をだましていた。美智が十七歳の時、父は刑務所に服役した。母は美智を連れ、京都の従妹の家を訪れた。仕立物の看板をさげて細々と暮すことにした。美智が女学校を卒業する日、母は刑務所を出た父に連れられて美智の許を去った。美智は一人ぽっちになった。美智の隣の部屋には、苦学生の石山がいた。二人は愛し合うようになった。祇園祭りの夜、美智は石山の腕に抱かれた。しかし、石山は美智の女学校の教師小野木から美智の父のことを聞き、彼女の許を去った。美智の前に小野木が現われた。小野木は美智の体を求めただけだった。小野木の許を逃げ出し、東京へ出た。昭和六年、美智が二十一歳の時である。満州事変が起った。仕事を探してさまよい歩いていた美智は、失心した。朴泰泳という朝鮮人に救われた。彼が支配人をしている広告取次店で働くことになった。そこへ小野木が現われたが、朴が救ってくれた。五年たった。美智は朴が紹介してくれた東京マネキンクラブで働いていた。仕事の上で、大和自転車に勤める謙吾と知り合った。二・二六事件の日、謙吾は美智に結婚を申しこんだ。美智は決心がつかなかった。二カ月たった。謙吾は思想関係で警察からチェックされている自分を思い、結婚の取消しを願った。美智は父のことを語り、謙吾に結婚してくれるよう言った。子供が生れた。麻子と名づけた。戦争が激しくなった。謙吾は日本社会思想系列という国禁の書を書きつづけていた。謙吾は警察につかまり、南方へ召集された。彼は沖縄へ向う途中戦死した。戦争は終った。美智は虚脱した日々を送った。しかし、美智の心の中に謙吾はしっかり生きていた。その思いは、麻子の中に謙吾のかげを見出す時、切ないほどはげしく彼女の心をゆすぶるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。