日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

千客万来(1962)
センキャクバンライ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年01月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「小早川家の秋」の野田高梧と「めぐり逢う日まで」の柳井隆雄、「あの波の果てまで」の富田義朗の三人が共同で脚本を書き、「河口」の中村登が監督した青春喜劇もの。撮影もコンビの厚田雄春。

スタッフ

製作
白井昌夫
脚本
野田高梧柳井隆雄富田義朗
監督
中村登
撮影
厚田雄春
音楽
池田正義
美術
佐藤公信
照明
石渡健三
録音
吉田庄太郎
スチール
小尾健彦
編集
浜村義康

ストーリー

紅葉の秋。味が自慢の天ぷら屋天銀の一人息子小林銀之助は、幼馴染の多佳子と磐梯に登るが、旧友今村謙太郎と香取啓子たちの一行と会った。銀之助は後輩にあたる啓子が好きだった。夫に先立たれた銀之助の母うめは、店で小まめに働く多佳子を、息子の嫁にと思っている。一方、謙太郎は前川建設の有能な技師で、啓子は社長秘書。彼女の父、丸菱商事の重役香取英介と前川社長とは無二の仲で、お互の糟糠の妻である安江と正子はよき相談相手だ。香取の頼みで前川は、謙太郡と啓子を結婚させようと骨を折っているが、肝心の本人同士が一向に煮えきらない。ある夜、香取と前川がバー・蜂の巣へ出かけると、マダムの京子は前川が二号として囲っている女給ツヤ子に、同じアパートの吉田という学生が熱をあげていると耳打ちした。自分の娘と同じ年頃の女の子相手に惚れたはれたでもなかろうと、前川も考えていた矢先きである。ところで、天銀に勤める多佳子の家は下町の雑貨商で、父太一は水上バスの船長さん。会社の主任から、メリヤス屋の次男坊の嫁に多佳子をといわれたが、妻のみつに「多佳子の好きな人は銀之助さんよ」と聞かされて大よろこび。というのも、銀之助の亡父と竹馬の友だったからである。啓子は謙太郎の酒豪ぶりが気にかかり、叔父の香取良介、アヤ夫妻のもとへ相談に行くが、男女同権の理想的な家庭を見て、結婚に踏みきる気になった。新婚旅行から帰って間もなく、些細なことから謙太郎が暴力をふるったので、啓子は家を飛び出した。失意の謙太郎が天銀でヤケ酒を飲んでいると、ご機嫌の太一がきて、銀之助に多佳子を貰ってくれと泣くのだった。そのころ、離婚を宣言した啓子は前川社長から「男が女を殴るのは、男の気持を判ってくれという祈りだ」と訓され、さらに叔父の妻への愛情の美しさを見てわが家に戻った。ツヤは前川の幸福のため故郷の四国に帰った。銀之助と多佳子の結ばれる日も近いだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。